子供 能力の伸長

子供の能力の伸長;子供の記憶力を伸ばすには
Top > 教育 > 能力の伸長 記憶力を伸ばす

子供 記憶力を伸ばす



 記憶の働きは、生後2か月ころから芽生えるといわれるが、その後の精神発達に必要な能力として、大きな意義を持っている。記憶の働きや伸ばし方について考えてみよう。

 記憶の働き

@
 記憶は、過去に経験したことを忘れずに心にとめておき、思い出したりそれを見分けたりする心の働きをいう。

 記銘
 経験したことを、覚えることをいう。記銘が優秀であるということは、短時間に多量に覚えられるという意味である。

 保持
 記銘したことがらを、忘れずに、心の中にとどめておくこと。すなわち覚えている時間の長いこと。

 再生
 記銘したことがらを、できるだけ正確に思いだしたり、再現したりすること。

 再認
 再生したことがらが、記銘したことがらと同じであるかどうかを認識すること。

A だから、記憶はこの四つが優秀でないと駄目である。児童は一般に、記銘は早いが保持が鈍く、老人は保持はよいが記銘が鈍い。

 記憶力の重要度

@
 記憶力は精神の発達に必要な能力ではあるが、一般に考えられているほど重要な能力ではない。数学者リュクレ博士は、200個の数字を7分42秒で覚え、順にでも逆にでも、途中からでも自由自在に言えたが、それでも数学者としては、一流ではなかった。

A ウイスク知能検査などの結果でも、記憶力は年齢がすすむにつれて発達が鈍くなり、知能全体のなかでは、それほど重要でなくなるとされている。

B また、児童期ごろに記憶力がすぐれていると、記憶を中心とする学習のみに身を入れてしまうため、抽象的な思考や判断ができなくなる心配もある。

 正しい記憶力の伸ばし方

 記憶学習の欠点におちいらず、正しく記憶力を伸ばすには、つぎのような方法が考えられる。
子育てママの化粧品


@ 興味や関心を持つ
 記憶をするには、そのことを経験したり、興味や関心を持つことが必要である。これを記憶のレディネス(準備性)といい、このレディネスに達すると、新しい記憶が始まる。したがって、ふだんから、いろいろなことに興味や関心を持ち、経験を豊かにすることが優秀な記憶力につながる。

A 知識を結びつける
 学校で勉強したこと、本で読んだこと、テレビで見たこと、登校の途中で見聞したことなど、生活体験のあらゆることを関連させて考える習慣をつける。たとえば、テレビで見て「ああ、あれは社会科で習った」というように、知っていることを関連させると、記憶が容易で確かになる。

B 内容を理解する
 たとえば、九九を丸暗記してからその意味を理解するのではなく、一つ7円のアメを5個買えば、計算は7×5=35とするのだというように、記憶すべき材料の全体をよく理解してから記憶する。

C いろいろな方法で繰り返す
 書く、声を出して読む、人の読むのを聞く、メモをつくる、行ってみる、実際にやってみる…というように、いろいろな方法を用い、何度も変えながら根気よく繰り返す。

D 記憶に自信を持つ
 記憶は、練習によってよくなるものである。優秀な記憶家は、他の人から優秀といわれたり、問題を持ちかけられて答えているうちに自信ができ、コツも覚え、重要なカンどころが分かって、いっそう記憶力がよくなる。また、人からそういわれるために、自分でも勉強し、記憶せざるを得なくなる。

E 繰り返して記憶する
 何度も何度も繰り返すと、記憶は忘れにくくなる。このような学習方法を過剰学習という。

 忘れにくくするには

 記憶されたものは、時間がたつにつれて保持することが困難になり、再生や再認もできなくなって、いわゆる忘れるということがおこる。また記憶するときの態度や、その関心の程度によって忘れる度合いは違ってくる。

 ふつうの記憶については、つぎのようなことが分かっている。

@ 眠っていると忘れにくい
 同じ程度に記憶されたことは、起きているときよりも、意識を休ませて眠っているときのほうが忘れ方が少ない。
 
子育てママの化粧品

A 何もしないでいる
 覚えたあとで、そのことに似た別のことをするよりも、ぼんやりと何もしないでいるほうが忘れない。

B 同じようなものを続けて覚えると忘れやすい
 たとえば、英語の学習のあとにフランス語を学習するのは、数学や理科を勉強するよりも記憶を紛らわしくさせ、忘れやすくする。

C 再生の重要な手がかりになるものを一つ二つ明確にしていると忘れにくい。

D 覚えたものは、はじめの部分か終わりの部分が思いだしやすい。

E 1日12時間で2日かけて覚えるよりも1日8時間で3日かけるほうが、さらに、1日1時間で24日かけるほうが、一般には正確に覚えられる。

F どうしても思い出そうと、思いを凝らすことは再生を促進する。


 ● 能力の伸長
  思考力を伸ばす
  思考力を伸ばすには
  記憶力を伸ばす
  想像力を豊かに
  表現力を高める
  指導力をやしなう
子育てママの化粧品

 



Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved