子供 能力の伸長

子供の能力の伸長;子供の表現力を高めるには
Top > 教育 > 能力の伸長 表現力を高める

子供 表現力を高める



 ひと口に表現力といわれているものの中には、発表力・系統だてる能力・言語的表現力・情緒的表現力などの種別がある。表現力を伸ばすには、それらの特徴に合わせた適切な素道が望ましい。

 表現力・1─発表力

@
 よく理解していることがらを、教室のように大勢の人のいる前や、口頭試験のときなどに、じゅうぶんに発表できる能力をいう。

A
 つまり、緊張度の高い場面で、表現しようとする内容全体を、相手によくわかるように、筋道を立てて話したり書いたりできる力である。

B この力は、話しことばによる発表のときに、とくに問題となる。

 発表力に問題があるときは

@ 知的な能力よりも、むしろ情意的な能力のほうが問題になる。
 内向的な性格が強い子どもほど、人前に出るとおどおどして、じゅうぶんな発表ができない。

A 支配的性格が薄く、他人にすぐ同調するような子どもは、他人に反対されると、すぐ意見を変えてしまう。

 このような子どもに対しては、長い時間をかけて、だんだん慣らしていくよりほかに方法がない。

B いちどうまく発表できて自信を持つと、それがきっかけになって、急に発表力が伸びることが多い。できるだけ自信のつくような機会を見つけてやることが大切である。

C 家族の前で練習をさせ、それをほめてやることなども、小学校の低学年では効果がある。

 表現力2─系統だてる能力

@
 自分の体験や、よくわかっていることがらでも、その範囲が広く内容が複雑である場合には、それらを整理し、筋道を立てて考えないと、簡潔に表現できなくなる。

A このように、体験や知識を系統だてる能力も表現力の中に含まれる。

 系統だてる能力に問題があるときには
 
子育てママの化粧品

@ ほかに欠陥がないのに、作文だけはまずいというようなときに、この能力がとくに問題となる。

A 知能がひじょうにすぐれていて、考え深い子どもに、かえってこうした欠陥が出やすい。それは、あまりにもいろいろなことを考えすぎて、何をどのように表現したらよいかに迷うからである。

B このような子どもには、適当な指導を加えて、表現すべきことがらを、もっとしぼるような練習をさせる必要がある。

C 他にも欠陥があって、系統だてる能力が乏しいときには、論理的思考力をつける場合と同様に、練習問題を解いたり、証明したりするような学習をさせるとよい。

 表現力・3─言語的表現力

@
 感じたこと、考えたこと、分かっていることなども、自分一人でそう思っているだけでは意味がない。それを他人に分かるように伝えることが、表現である。

A 表現の手段には、ことば・表情・動作などいろいろあるが、いっぱんにはことばの持つ役割がもっとも大きい。

B ふつう、表現力という場合は、言語的表現力をさすことが多い。

 言語的表現力には三つの領域がある

@
 正確な表現力
 伝えなければならないもっとも大切な点を、もらさずに、じゅうぶんに表現する能力。

A 適切な表現力
 表現したい事柄に、幾通りものあらわし方がある場合、そのうちでもっとも適切な表し方を選ぶ能力。

B 多様な表現力
 一つのことがらを、幾通りにも表現できる能力。

 言語的表現力に問題があるときは

@
 いっぱんに、ことばに対する関心が不足していたり、言語的技能が不十分であったりすると、ほかの能力に欠陥がなくても、言語的表現力に問題があらわれることがある。

A たとえば、きょうだいの多い家庭、言語能力を必要としないような職業の家庭、農山村、二ヶ国語を同時に使用するような環境などで育った子どもほど、言語的表現力に乏しい傾向がみられる。

B このような子どもに対しては、まず、ことばに対する関心や興味を引き出すような指導が必要である。

C 表現の正確さに問題がある場合には、ことばの持つ表現上の要素、たとえば、「誰が」「いつ」「どこで」「何を」「どういうふうに」「なぜ」というような、秩序だてて表現するために必要なことに注意を向けさせ、その要素にそって表現するように練習させるのがよい。
 
子育てママの化粧品

 表現力・4─情緒的表現力

@
 劇・踊り・ゼスチュアなどの場合は、ことばではなくて、表情や動作などの表現力が必要とされる。このような能力を、情緒的表現力という。

A スポーツでも、見る人にうったえかけるものは、この情緒的表現力によるものが多い。

B あがってしまうというのも、情緒的表現力が欠けている場合が多い。

 情緒的表現力に問題があるときは

@
 発表力に問題があるときと同じように、主として情意的素質に問題があるので、それを急になおすことは難しい。

A つとめてこのような表現に慣れさせたり、練習を重ねて自信を持たせることなどに注意するとよい。

 ● 能力の伸長
  思考力を伸ばす
  思考力を伸ばすには
  記憶力を伸ばす
  想像力を豊かに
  表現力を高める
  指導力をやしなう
子育てママの化粧品

 



Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved