子供 能力の伸長

子供の能力の伸長;子供の指導力を養うには
Top > 教育 > 能力の伸長 指導力をやしなう

子供 指導力を養う



 子供は子供なりに、集団の中で指導的役割につきたいという願望を持っている。この場合、子供自身に指導性があるかどうかが問題にされるが、その内容として、性格的な特質と能力や技能の二つの点で、人より優れていることが要求される。

 指導性(リーダーシップ)とは

 ある集団の指導者として、その集団の成し遂げなければならない課題を、みんなの力をうまく結集しながらやりとげる素質があるとき、その人には指導性があるという。


 指導性が発揮されるのは小学校高学年から

@
 幼児の集団的遊びの中にも、優位と劣位があらわれ、必ず指導的役割を持つものがあらわれる。しかし、小学校低学年までは、子どもの集団は崩れやすいので、みんなが一致して指導者と認めるような、特定の人は表れにくい。

A 指導性が発揮されるのは、組織的な集団活動が活発になる、小学校高学年からである。指導性が発達するにつれて、競争や協同が、いろいろな形をとって表れてくる。

 指導者に向く性格と向かない性格

@
 外向性・支配性・適度な攻撃性・自信・寛大さなどの性格的特徴があるものは、指導者に向いている。

A どんなに能力があっても、人付き合いが嫌いであったり、極度に内向的な性格で人前に出るのを嫌うようなものは、すぐれた指導者となることはできない。

 指導者に必要な能力や技能

@
 性格的に、指導者になるための優れた素質を持っていても、集団の課題の内容が理解できず、すすむべき目標を指示する能力や技能がなければ、指導者の役割を果たすことはできない。

A 課題を行なうのに必要な能力や技能は、つぎの三つに大別される。
 
子育てママの化粧品

 特定の学科についての知識
 理科が得意だとか、算数が好きだとかというように、ある特定の学科の内容について、興味や知識を持っていること。

 身体的技能
 スポーツのような身体的作業への関心・興味・知識・技能が、人よりも優れていることも、指導性の基礎となる。

 特殊な技能や知識
 たとえば、手芸とか自動車とかについての技能や知識が優れていれば、それに関連のある領域で、指導者としての役割を果たすことができる。

 指導性がよく発揮される場合

@
 性格が指導者向きであっても、それだけでは指導性はよく発揮されない。能力や技能についても、同じことが言える。

A 指導者となるべきすぐれた性格的特質を持つとともに、その集団の目指す目標に対して、すぐれた能力や技能を持っているときに、指導性はもっともよく発揮される。

B 指導性には、その集団のまとまりの程度や、指導者と指導されるものとの相性の問題も含まれる。

C いっぱんに、集団のまとまりがよく、すぐれた協力体制がつくられているとき、指導性はよく発揮される。

D また、指導者のやり方や性格と、指導されるものの性格とが似通っているときも、指導性はよく発揮される。

E したがって指導性は、ただ指導者の持つ性格的特質や能力だけで、完全に左右されるものではないといえる。

 チャンスさえあれば誰でも指導性を発揮できる

@
 指導性は複雑な内容からなり、その場その場の条件によっても左右される。だから、どんな子どもでも、その場の状況次第で、指導性を発揮するチャンスはあるものである。

A まったく指導性がないというような極端な場合を除けば、子どもの指導性については、それほど問題にして心配する必要はない。

 性格的な特質が欠けているときは

@
 指導者に必要な性格的な特質が、ある程度できあがった年齢では、急にかえることは難しい。しかし、このような素質が欠けているからと言って指導性を発揮できないということはない。
 
子育てママの化粧品

A たとえば、恥ずかしがり屋の子どもが、成績がよいためにクラス委員に選ばれて、我慢してやっていくうちにしだいに指導者として必要な技能を身につけていくという例は多い。

B 内向的な性格であっても、必要なことは完全にやりとげるという態度ができれば、それでじゅうぶんである。

C したがって、一見指導性のないように見える子どもにも、その子に得意な領域で、指導者の役目をつとめさせてみることも必要である。

D 指導性を育てるためには、小学生のころから指導者の役割に慣れさせるように心がけたい。

E 何か特定のことがらについては、絶対の自信を持たせ、それに関することなら、指導的な役割を果たせるようにしておくことも大切である。

 能力や技能が欠けているときは

 どの領域についても、同じように高い知識や技能を持つことは、その子どもの一般的能力によることであるから、要求するだけでは無理である。
 このような場合は、一つのことがらについてだけでも、関心や興味を持たせ、自信をつけさせるようにするのが効果的である。

 ● 能力の伸長
  思考力を伸ばす
  思考力を伸ばすには
  記憶力を伸ばす
  想像力を豊かに
  表現力を高める
  指導力をやしなう
子育てママの化粧品

 



Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved