赤ちゃん 病気 先天異常

赤ちゃんの病気:先天異常の症状と治療
Top > 育児−2 > 先天異常の症状と治療

赤ちゃん 青あざ(児斑)



 赤ちゃんの先天異常、青あざ(児斑)、赤あざ(血管腫)、みつくち(兎唇)、口蓋破裂、脱腸(鼠径ヘルニア)、幽門狭窄、先天性胆管閉鎖症、先天性股関節脱臼、内反足、先天性心臓病の症状と治療について説明します。

 青あざ(児斑)

 青紫のあざ。背中や肩などに多い。色素が特に集まったもので、異常というほどのものではない。だんだん薄くなり、自然に消えていくから、そのままにしておいてよい。妊娠中に母親が転んだこととは関係がない。

 赤あざ(血管腫)

 平らなもの
 首筋やまぶたのところによくできる。しだいに薄くなるから、とくに治療は必要としない。

 盛り上がっているもの
 赤くぶよぶよと盛り上がっているが、しだいに薄くなるものが多いから、満1歳まで様子を見る。ひどい場合は、放射線やドライアイスで治療する。

 みつくち(兎唇)

 上くちびるがさけているもの。手術で治せるが、あまり早く手術をすると、後で形が崩れることがある。ふつう、生後3ヶ月頃に手術するのがよく、それまでにマッサージで、唇をやわらかくしておく。

 口蓋破裂

 口中の上顎がさけているもので、乳がうまく飲めないことが多い。みつくちと一緒におこることがある。手術は2〜3歳頃まで待つほうがよい。その前に口腔外科の診察を受けておくこと。

 脱腸(鼠径ヘルニア)

 男児に多いが、女児にもある。程度の軽いものは自然になおるが、泣くと出るようなものは、治りにくい。脱腸帯で抑えておくこともあるが、成功するとは限らないし、赤ちゃんを苦しめる結果にもなる。手術は生後間もなくからできる。

 ときどき出るくらいならば、満1歳まで、様子を見てもよい。出てしまって、戻らない時は、すぐに手術をしないと危険。

 幽門狭窄
 
子育てママの化粧品

 胃の出口が狭くなり、食物の通りが悪く、吐く。生後間もなくから乳をひどく吐き、なかなか治らない。生後6ヶ月頃になると、治るものもある。栄養状態が悪くなってくるものは手術が必要となる。手術は、生後1〜2ヶ月頃にする。
 
 先天性胆管閉鎖症
 
 肝臓から腸へ胆汁を出す管が詰まり、黄だんがおこる。新生児の黄だんは病気ではなく、生理的なものが多いが、なかにはしだいに黄色が濃くなり、程度が強くなっていくものがある。

 この病気は、その一つで、粘土のような白っぽい便が出る。放っておくと肝臓が腫れ、栄養状態が悪くなる。早期に手術が必要。

 先天性股関節脱臼

 股の関節が、生まれつき外れている。片方外れている場合と、両方外れている場合とがある。おむつを変えるときに注意。股がじゅうぶんに開かないことから発見できる。詳しいことはX線検査が必要。

 治療は生まれてすぐ行うこともあり、生後3か月ころまで様子を見てから行なうこともあるが、それ以上放っておいて手遅れにしてはいけない。装具をつけたり、マッサージで治療する。

 内反足

 足首が内側に曲がっているもの。生後すぐ発見すれば、マッサージや、バンソウコウで引っ張ったりして治療できる。

 先天性心臓病

 心臓の内部の壁に穴が開いていたり、心臓の構造が異常だったりする先天的な奇形。この病気の赤ちゃんは、顔色が悪く、元気がない。泣くと口のまわりが紫色になる。心臓外科が発達したので、手術でなおる場合もある。

 手術は幼児になってから行なうことが多いが、その前に詳しい検査を受けることが必要。手術を必要としない場合もある。
子育てママの化粧品



 赤ちゃんの病気
  先天異常の症状と治療
  赤ちゃんの発熱
  赤ちゃんの発疹
  赤ちゃんの便秘
  赤ちゃんの下痢
  赤ちゃんの吐き気
  赤ちゃんの咳・呼吸困難
  赤ちゃんのひきつけ(痙攣)



Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved