育児 ことわざ

育児に関する ことわざと格言-2
Top > 育児−2 > ことわざと格言ー2

育児 格言



 昔から言い伝えられてきたことわざや格言のなかには、育児や幼児教育に関するものがたくさんあります。これらの中から、広く知られているものをいくつか拾い出して、現代の社会に生命を保ち続ける秘密を、探り出してみましょう。

● この親にしてこの子あり

 子供が世間を騒がすような事をしでかすと、世間ではいったいこの子の親はどんな人で、子供をどのようにしつけて来たのだろうかなどと興味を持ちます。

 親の生活の様子が報道されると、「この親にしてこの子ありだね」といいます。親の生活が乱脈を極めているのだから、子供があんなことをするのも仕方がないと考えるからです。

 子供の性格や日常の行動には、親の生活態度が大きな影響を与えています。よい子を育てるためには、まず親の生活をきちんとしたものにしなければなりません。

● 父の恩は山よりも高く、母の恩は海よりも深し

 「親ニ孝ニ」という教育勅語で育った世代の人は、このことわざをさんざん聞かされて育ちました。親の恩は広大であることを例えたものです。

 この考え方が、長いあいだ家父長制的家族制度を支えて来たと言ってよいでしょう。

 このような形で子供に親の恩を押しつけ、親孝行を期待する親子関係は現代的とはいえません。恩とか恩返しとは言わないで、それぞれ人間としての愛情で結ばれている親子が、これからの望ましい親子関係のタイプといえましょう。

● 父教えざれば子愚かなり

 親が子供に行儀や学問をしこまなければ、子供は野育ちのままで利口にはならないという意味です。
 
 最近の親は、学問は一生懸命教え込んでいるようですが、行儀作法はほったらかしというのが多いようです。そのために、青年になっても、自分本位の行動しかとれません。

 学問を教えることももちろん大切ですが、社会生活のエチケットも、幼いうちからしっかりしつけなければなりません。
 
子育てママの化粧品

● 折薪(せつしん)を負う

 父親が薪を割り、子供がそれを背負うことに例えて、子供が父親の事業を継いで立派にやっていくという意味です。

 2代目、3代目はいろいろ言われますが、このことわざのようにしっかりやってもらいたいものです。

 けれども、父親が自分の事業を継がせることに夢中になるあまり、大学の不正入学をさせる事件がありましたが、これでは全てぶち壊しです。

● 慈母に敗子あり

 母親が甘いとふしだらで悪いことをする子が出来るということわざです。

 非行のような反社会的行動、シンナー・ボンド遊びのような非社会的行動に走った子供たちの親には、子供を甘やかしているけれども、子供の日常生活には関心を持たない人が多いようです。

 逆に厳しすぎても子供の性格はゆがみます。しつけや家庭教育は、厳しすぎもせず、甘すぎもせずといった態度が必要なのです。

子育てママの化粧品

 


Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved