育児 ことわざ

育児に関する ことわざと格言-1
Top > 育児−2 > ことわざと格言ー1

育児 格言



● 危ない事は怪我のうち


 危ない事は、怪我をするのと同じ事であるから、危険な事には近づかない方がよいという意味です。

 たしかに、子供を育てる環境には危険がいっぱいです。危険に近づきすぎて怪我をしたり、最悪の場合は生命までなくした子供が大勢います。

 親のちょっとした注意で、事故を防げることが多いのですから、育児環境から危険なものを取りのぞく努力をしてください。

 けれども、「危ない、危ない」とばかり言っていたのでは、危険に満ちた社会で一人立ちできない人になってしまいます。

 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」ということわざのあることもお忘れなく。

● 泣く子と地頭には勝てぬ

 権力のあるものには、無理にでも従うほかはないという意味です。地頭(土地の領主)と並べられるのですから、無理をいって泣きわめく子供は、昔から親の手をやかせる存在であったようです。

 なだめても、すかしても、叱りつけても泣きやまない子供は、親を泣きたい気持ちにさせてしまいます。この状態を何とか乗り越えていくことが、親として成長することになります。泣けば無理がとおると子どもに思わせてはなりません。

● 健全なる精神は健全なる身体に宿る

 ローマの詩人のことばです。身体を鍛えれば、心は自然に健全になっていくという意味で、身体の鍛錬を奨励する標語として戦争中よく使われました。最近流行りのスポーツ根性物語の基礎にも、この考え方があるようです。

 けれども、ぜんそくや胃潰瘍などの病気には精神的な原因でなるものもあり、ノイローゼにはいろいろな身体的な症状がつきものです。ですから、身体が健康であるためには、精神が健全でなければならないと言い換えたほうが正しいのです。

● 小児を育つるに初生から愛をすごすべからず

 
子育てママの化粧品

 貝原益軒が幼児教育について書いた「和俗童子訓」という本の中の言葉です。生まれたときから、甘やかし、子供の言いなりに育ててはいけないということです。

 益軒は、特に母親や祖母は子供を甘やかしがちであるから注意が必要とも言っています。

 家の中で、1日じゅう母親と一緒に暮らすのでなく、幼児のうちから同年齢の友だちと遊ばせることが重要であるというのです。けれども、最近はあまい親だけではなく、逆に厳しすぎる親も少なくないようです。

● 母在りて一子寒く、母去りて三子寒し

 継母からいじめられて寒い思いをする子は1人であるが、だからといって継母と離別すると、彼女が生んだ2人の子供が寒さに泣かなければならないという意味です。

 先妻との間に出来た子供を連れて再婚した男の気持ちを表したものともいえましょう。一般に継母子関係は良くないものと考えられていますが、それは「私は世間の継母とは違う、良い母親なのだ」という気持ちが強すぎるためと思われます。

 「生みの親より育ての親」ということわざもあることをお忘れなく。

子育てママの化粧品

 


Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved