育児 ことわざ

育児に関する ことわざと格言-3
Top > 育児−2 > ことわざと格言ー3

育児 格言



● 子を知ること 父に若くは莫し(ちちにしくはなし)

 子供の長所、短所は、父親がだれよりもよく知っているという意味です。

 父親は母親に比べると、子供を客観的に見ることができます。母親は、とくに子供が乳幼児の場合は、子供と密着しています。子供の喜びも悲しみもすべて自分のものという関係です。

 子供の成長には、密着した母親との関係も、少し距離を置いた父親との関係も、どちらも重要です。両親が二人とも同じ役割しかとれないようでは困ります。

● 子有れば万事足る

 人は子供があれば、それで満足であるという意味です。愛し合って夫婦になったものにとって、子供の出生は二人の愛の具体的な確認であるともいえます。

 けれども、子供を育てることは、それほど簡単なものではありません。苦しいこと、いやなこともたくさんあります。子供の成長を喜びながら、育児の苦労を乗り越えていくことが、親を一段と成長させることになるのです。

● 親の意見とナスビの花は千にひとつの無駄もない

 ナスは花が咲けば必ず実がなります。それを例えて、親が子供に言うことは全て間違いがないことをいったものです。

 親の有難さ、親の恩を強調したことわざで、現代っ子に果たして通用するかどうか。親は新しい事は知らなくても、経験だけは子供に負けません。自信を持ってよいのです。
 
 けれども、絶対に親の言うことは正しいのだから、なにがなんでも言うことを聞けという態度では、子供の反抗心をかきたてるだけでしょう。

● 足らず余らず子三人


 収入が多すぎもせず、また足りないこともなく子供は3人という家庭が理想的であるというのです。
 
 最近は少子化の風潮ですが、家庭の中でいろいろ違った人間関係を体験できることからいって、子供は2人より3人のほうが、子供の発達のためには望ましいのです。
 
子育てママの化粧品

 特に、一人っ子はいくつかの点で不利になります。ただ、子供が3人いると、そのうちの1人が親の愛情や注目から外れる事も多いので、そうならぬよう注意しましょう。

● ウリのつるにはナスビはならぬ

 「うちの子は、チビなんだなあ。なんとか背を高くする訓練法はないものかなあ」 「きみも背が低いし、奥さんだって高いほうじゃないだろう。ウリのつるにナスビはならぬって言うじゃないか。しかたがないよ」こんなときに使うことわざです。

 平凡な親からは非凡な子は生まれないという、遺伝の力の強いことを表しています。

 ひところ「成せば成る」という言葉が流行りましたが、訓練や努力で何でも出来るようになると考えるのは間違いです。また逆に全てを遺伝のせいにするのも正しくありません。「トンビがタカを生む」こともあるのです。

子育てママの化粧品

 


Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved