子育て応援 乳児の栄養

Top > 乳児の栄養

母乳栄養


製薬会社が作ったパーフェクトワントライアルセット 1,080円でぷるるん
 
乳児の栄養

 人間の一生でうちで、乳児期ほど発育のめざましい時期はありません。体重わずか3000cくらいで生まれて赤ちゃんが、わずか1年くらいのあいだに、体重は出生時の約3倍に、身長は約2倍に達するのです。

 このような素晴らしい発育をささえるのは、母親を中心に育児にあたる人たちの、あたたかい世話にあることは言うまでもありませんが、その中でも最も大事なことは、正しい知識にもとづいた栄養を与えるということです。

 乳児の栄養というからには、もちろん食物として与えられるのは、母乳、牛乳、粉乳などの乳汁です。これらのものが適切に与えられるかどうかということが、赤ちゃんの発育に大きな影響をおよぼすのです。

 <母乳栄養>

 「母乳は赤ちゃんのためのもの、牛乳は子牛のためのもの」 このことばは、人工栄養が進歩したこんにちでも、忘れてはならない「自然の原理」といえるでしょう。

 しかも、母乳栄養は、精神的にも、経済的にも、さらに栄養学的にも、その他さまざまの長所を持っているのです。

● 清潔である
母乳で育てたいママに大好評!
ママの体にオススメ!
赤ちゃんにもうれしい

ノンカフェインタンポポ茶


 母乳栄養では、母親に特別な病気がない限り、母乳は完全無菌の状態で分泌され、それがそのまま赤ちゃんの口に入ります。したがって、人工栄養のように消毒、滅菌に気を配る必要がなく、安心して与えることができます。

 しかし、牛乳はそういうわけにはいきません。牧場での搾乳から工場、販売店を経て赤ちゃんの口に入るまでに、いろいろの場所で細菌が入る恐れがあるのです。したがって、殺菌を厳重にしないと赤ちゃんには飲ませられません。

● 授乳がらく

 人工栄養では、ミルクを薄めたり、消毒したり、哺乳びんにつめるなど、赤ちゃんの口に入るまでの操作が大変で、このため、操作の手を抜いて失敗する母親もしばしばみられます。
 
 しかし、母乳栄養では、母親の乳房から直接に、濃さといい温度といい、赤ちゃんにとってちょうど飲みごろの状態で与えられるのですから、授乳は大変簡単です。とくに、夜間の授乳は便利です。

● 病気にかかる率が低い

 母乳を飲む赤ちゃんは、一般に病気にかかりにくいようです。たとえかかったとしても、人工栄養児に比べると重くなる率が低いのです。したがって、統計を見ますと死亡率も母乳栄養児のほうが低くなっています。

 この理由としては、母乳の成分組成が非常にすぐれていること、清潔であることなどが関係しているほか、母乳のなかには、病気にかかりそうになっても、それを予防してくれる免疫体が含まれているからです。

● 経済的に安い

 人工栄養では、ミルク、哺乳びん、乳首などをそろえなければなりませんし、燃料もいります。月々のミルク代もかなりの金額になります。

 ところが、母乳栄養では、母親の食生活や健康状態、母乳分泌への努力などだけが資本です。ひじょうに経済的でもあるのです。

● 情緒の安定が得られる

 母乳で育てても、知能や情緒面の発達が、人工栄養のばあいよりとくにすぐれている証拠はありません。

 しかし、乳房をなかだちとする母子間の肌と肌の触れ合いは、母親と赤ちゃんに強い満足感を与え、お互いの情緒関係を豊かにするうえで、たいへん役立ちます。

 ところで、人工栄養のばあい、このような効果がまったく期待できないかというと、けっしてそうでもありません。母親が自分で調乳し、自分の胸にしっかりと抱いて授乳するならば、それによって母乳栄養に近い効果が得られます。
母乳で育てたいママに大好評!
ママの体にオススメ!
赤ちゃんにもうれしい

ノンカフェインタンポポ茶


 したがって、やむを得ず人工栄養を行なっている母親でも、いたずらに劣等感をいだいたり、神経質になってはいけません。

● 成分が赤ちゃんの消化利用に適している

 粉乳がいちじるしく進歩し、かなり母乳に近いものになってきました。しかし、それはあくまでも“近いもの”に過ぎません。

 生理学的にも、栄養学的にも母乳の成分は、赤ちゃんの消化にもっとも適しています。

 母乳の長所
 母乳のあたえ方
 母乳不足
   スキンシップ
 人工栄養

 添加物としての糖質
 調乳の方法
 哺乳ビンからの授乳
 混合栄養

最適な育脳が
お子さまの未来を決めます


完全母乳を応援!
【ノンカフェインタンポポ茶】


NHK教育「えいごであそぼ」の
幼児英語教材


家庭教師のノーバス

楽天家電約198万品目で
ランキング第1位!「ケノン」








NHK教育
「えいごであそぼ」
から生まれた
0〜6歳児向け
英語教材!


 
 親の責任は子どもを”大過なく守る”ということではなくそのエネルギーを”最大限に発揮させる“ということであろうと思います。ここでは妊娠中から就学前まで子どもの発育のなりゆきを扱っています。この時期の子育てを終えてだいぶ経ちますが、むかしの子育てが現代の子育てに役立てばと思い、むかしの経験のまま記しています。参考になるものがありましたら応用して実践してみてください。

 



Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved