赤ちゃん 病気 入浴

赤ちゃんが病気のときの入浴
Top > 育児−2 > 病気のときの入浴

赤ちゃん 病気 お風呂



● 明らかに病気と分かっているときはやめる

 熱があって、咳をするとか、機嫌がすこぶる悪いという時は、明らかに病気ですから、入浴させてはいけません。赤ちゃんの病気を悪化させることになります。

● 軽い風邪なら差し支えない

 風邪を引いた時でも、熱がなく、くしゃみはすれけれども、朝晩にちょっと咳をする程度なら、どんどん入浴をさせます。

 入浴は、身体についたアカを取って新陳代謝を良くし、血液の循環が良くなります。ただ、この場合、湯冷めをしないように、部屋をじゅうぶん暖めることが必要です。この注意を怠りますと、かえって風邪をこじらせてしまうこともあります。

● 湿疹があるばあいでも入浴させていい

 皮膚に湿疹がある場合、昔は絶対に入浴を禁じていましたが、現在では、かえって入浴をすすめている医師もいます。

 といいますのは、入浴することによって皮膚が清潔になり、薬がつきやすくなって、湿疹が早く治るからです。

 ところが入浴しないと、赤ちゃんは大人以上に分泌物が多いので、汚れた皮膚の上に薬を塗り、またその上に薬を塗るというようなことをしますと、湿疹が治るどころか不潔になり、かえって悪くなるのです。

 この場合気をつけなければならないのは、患部に石けんを残さないように、石けん分をきれいに洗い流してしまうことと、患部をこすらないことです。
 
子育てママの化粧品

 <銭湯に連れて行く場合の注意>

 銭湯には1カ月過ぎたら連れて行って良いでしょう。よく、時間はオープンした2時頃が良いといわれています。たしかにお湯もきれいですし、一緒に入るお客さんは赤ちゃん連れのお母さんが多く、お互いに育児の方法を話し合ったりして、楽しいでしょう。

 主役の赤ちゃんは、お風呂から上がると、湯ざましかミルクを飲みながら、快い疲れですっかりご機嫌になり、眠ってしまいます。しかし、この時間に眠ってしまいますと、夜になってもなかなか寝ついてくれなくなります。

 したがって、オープン直後ではなく、夕方のほうが適当ということになるのです。少しぐらいお湯が汚れていても、上がり湯できれいに赤ちゃんを洗ってあげれば、お昼入れるのと大して変りありません。

 あとは赤ちゃんには夜の快い眠りが待っていますし、大人も落ち着いて夜のだんらんを楽しむことができます。

 ただし、寒い季節では、2ヶ月を過ぎてからのほうが無難です。夕方、日が落ちてから急に気温が下がりますから、湯冷めをさせないように、くれぐれも気をつけてください。

子育てママの化粧品




Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved