赤ちゃん 日光浴

赤ちゃんの日光浴・外気浴
Top > 育児−2 > 日光浴・外気浴

赤ちゃん 外気浴



● 本能的な欲求

 赤ちゃんは生まれたときから、本能的に日光浴をしたいという欲求を持っています。また、外に出て日光にあたると気持ちがいいし、丈夫になるということを知っているのです。

 赤ちゃんのこういう欲求を満たしてやらないと、食欲不振におちいり、ミルクを飲まなくなったり、夜泣きをしたりして、赤ちゃんの生活のリズムがくるってきます。

● 身体の発育によい

 外気浴・日光浴は、このような食欲不振や夜泣きを治すだけでなく、外気と接触することによって器官や鼻粘膜をきたえ、また日光にあたることによって皮膚を丈夫にし、紫外線の働きによってビタミンDが身体の中に蓄積され、骨の発育を良くします。

 <はじめる目安>

 暖かい時期では、生後1か月くらいから始めます。寒い時期には、1か月くらい遅らせて始めてもよいでしょう。

 外気浴から日光浴に移行するのは、赤ちゃんが外気に慣れ、お母さんも、赤ちゃんに外気浴をさせることに自信が出てきてからにします。もちろん、外気浴と日光浴を同時に始めてもよいのですが、赤ちゃんの身体の状態や天候などをよく見きわめ、焦らずにゆっくり始めて下さい。寒いときは無理をしないことです。

 <外気浴の方法>

● 毎日続けることが大切

 寒い時はまず窓を開けて、3〜5分くらい戸外の空気をあてます。これを2〜3回繰り返しますと赤ちゃんは慣れてきます。

 そこで今度は赤ちゃんを抱いて、日当たりのよい縁側や庭に出て、だんだんと外気浴の時間を延ばしていきます。

 次は乳母車に乗せて家の周囲を一回りするなどして、お母さんの行動範囲をしだいに広げていきます。風の強い日は避けるとしても、毎日続けなければ効果はありません。

 庭のある家では、乳母車とかハンモックなどで昼寝をさせるのも外気浴としての効果があります。

 外気浴には、特にこれといった方法はありません。できるだけ戸外の空気やさまざまな刺激に慣らしていくということが目的ですから、積極的に進めてください。
子育てママの化粧品


● 寒い季節でも積極的の行なう

 日本はあまりにも自然に恵まれ過ぎていますので、積極的に外気に慣らそうとしないようですが、寒い国ほど赤ちゃんの外気浴はとても神経を使っています。北欧の秋は日本の冬ぐらいの気候ですが、怖がらずに焦らずに、しかも貪欲に赤ちゃんや子供たちを外気にあてています。

 北海道など寒い地方でも、風邪をひかせるからと怖がらずに、ゆっくりと慣らしていきましょう。窓を開けて新鮮な空気にあたることは、赤ちゃんにとっては大切な仕事なのです。

 だんだん慣れてきたら、雪の降りやんだ時に、窓を開けるとか外に出して外気浴をさせましょう。赤ちゃんは、冷たい外気に慣れてしまえば、大人がびっくりするほど適応していくものです。

子育てママの化粧品




Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved