赤ちゃん 日光浴

赤ちゃんの日光浴
Top > 育児−2 > 日光浴

赤ちゃん 外気浴



● 直射日光に当てる

 大切なことは、直射日光に当てることです。外気浴に慣れると今日からは日光浴です。今度は窓を開け、暖かい日の光を足から3〜5分間ずつあてて、慣らしていきます。2,3日したら膝下、それから股下、腹から下という具合に日光浴の部分を広げていきます。

 これも方法が決まっているわけではありません。赤ちゃんの顔色が優れないとか、ちょっと風が強そうだと思えば、せっかく胸から下までと順調に進んでいても、そこはお母さんが臨機応変に、股から下にするとか、膝から下にと考えてあげなくてはいけません。

● 方法はいろいろある

 冬、風の強い地域では窓ガラスを1枚ぬいてセロハン紙を張ります。セロハン紙は紫外線を98%通しますので、窓を開けたのとほとんど効果は変わりません。

 また、ガーゼの肌着を1枚着せてもいいでしょう。手足が出ていますし、紫外線の透過率は80%くらいはあります。これを2枚にしますと35%に減ります。縁側についたてを使って陽だまりをつくり、その中で日光浴をさせることも出来ます。

 どの方法が一番いいかはお母さんが考えていろいろ応用してみることです。どんな方法でも、できるだけ多く日光浴をさせてあげてほしいのです。

● 日光浴のあとは水分の補給を忘れずに

 日光浴の後はよく汗を拭いてあげます。そして喉が渇いていますから、さ湯か果汁を飲ませますが、時間的に授乳の時間だったり、食事の時間だったりしますとちょうどいい具合です。
 
 喉が渇き、お腹もすきますので、おっぱいや離乳食を喜んで飲んだり食べたりすることでしょう。お母さんの悩みの種の食欲不振も解消できると思います。

● 夏の日光浴
 
 夏は日光浴の必要はありません。夏はどの家庭でも窓を開けぱなってありますので、日光は嫌というほど部屋の中に入り込んできます。
 
 また、縁側などでは光の反射がありますので、とりたてて日光浴をしなくてもいいのです。強いて日光浴をするとすれば、朝8時から9時ごろ、夕方は4時〜5時ごろ行います。
 
子育てママの化粧品

● 冬の日光浴

 冬では一般に赤ちゃんが2ヶ月くらいたってからが多いようです。1ヶ月くらいでもちゃんと健康診断をしてみて、どこにも異常が見られず、まったく健康であれば、大いにお勧めしたいところです。

● 雪国の日光浴

 雪国の1〜2月は、ちょうど時期的にも、もっとも日照時間の短いころなので、そのころ生まれた赤ちゃんは、日が出てきたらすぐ裸にして日にあてます。

 見た目には寒そうですが、雪国は非常に紫外線が強いので、効果が大きいのです。しかし、外に出ると顔が焼けますので、縁側で日光浴をさせてもいいでしょう。

 縁側の陽だまりの気温は20度くらいにもなります。赤ちゃんの健康のためにお母さんはいろいろと工夫をしてみてください。

子育てママの化粧品

 


Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved