子供の性格 兄弟喧嘩

子供の性格;兄弟、姉妹喧嘩の問題
Top > 子どもの性格 > 兄弟、姉妹喧嘩の問題

子供の性格 姉妹喧嘩



● 母子関係と性格
● 生後の1年間の母子関係
● 生後1年から2年目へ
● 兄弟姉妹関係と性格
● 兄弟、姉妹喧嘩の問題
● ませた子

 自分の要求や気持ちのコントロールがまだ十分に出来ないうえ、日常の生活を共にしているのですから、兄弟、姉妹の間に衝突が多いのは当然といえば当然でしょう。

 兄弟、姉妹喧嘩は、刃物を持ち出すとか、堅い物をぶつけ合うなどの危険がない限り、ある程度までやらせた方がよいと思います。

● 兄弟、姉妹喧嘩はなかば馴れ合い


 兄弟、姉妹喧嘩の原因はささいなことが多く、お互い相手の実力を承知の上でのことですから、半分は馴れ合いの気持ちが含まれているのが普通です。

 「私が本気になれば弟なんか問題じゃないわ」「お姉さんが本気になれば怖いな…」という了解のうえでの喧嘩が、兄弟、姉妹喧嘩のほとんどなのです。

● 親の強制的調停は逆効果

 「お兄さんだから、我慢しなさい」とか、「弟のくせに、お兄さんに反抗するなんて」などと、親が止めに入るのは考えものです。ことに、親が一方を叱ったり、譲歩を強いたりすると、かえって気持ちがこじれて、もやもやした不満が残ってしまいます。

● 兄弟、姉妹間には嫉妬心がある

 親が気をつけなければならないもう一つのことは、親は公平に扱ったつもりでも、いつも相手の方だけがひいきされていると思い込んでいる子供もいるということです。

 ささいな原因から始まった兄弟、姉妹喧嘩なのに、親が一方的に良い悪いを決めつけると、ますますこんな思いが深まります。

 そして、こんな気持ちを長い期間に渡って抱き続けると、それは深刻なひがみとなって後々の兄弟、姉妹関係にまで響いてきます。
 
 成人してから不仲になってしまう兄弟、姉妹の場合、一方が他方に非常に不誠実な行為をしたことが原因になっている例も少なくありませんが、親の子供に対する不公平さが原因になっていることが多いのです。

 喧嘩はしても仲は良い

 一人っ子に比べて、兄弟、姉妹があるということは、なんといっても良いことです。幼い頃から上の子は下の子をかばうし、下の子がいじめられると、上の子がし返しに行ったりすることもあるものです。
 
子育てママの化粧品

 留守番を頼んで外出すると、仲良くいたわりあって待っていたりします。学校に行くようになれば、二人でなにかを教えあったり、親には言わないようなことを話し合ったりします。

● 兄弟、姉妹を通して人間関係の基礎を学ぶ

 兄弟、姉妹は協調しあい、ときには喧嘩をしたり、一緒になって親に反抗したりしながらも、毎日毎日の密度の濃い兄弟、姉妹同士の接触を通して、他人との付き合いの仕方、もっと広くいえば人間関係の基礎を身につけていきます。

● 軽々しく比較してはいけない

 しかし、同じ親から生まれた兄弟、姉妹であっても、能力がかなり違うことがあります。学校の成績などにそれが表れると、とかく親は「お姉さんは出来るのに、おまえは…」とか、「お姉さんとして弟に恥ずかしくないの…」とか、わざわざ一方の例を引いて叱ることになりがちです。

 このような時に大切な事は、なぜ成績が悪いのか、原因は何かを考え、意欲的に勉強するように指導する事であって、他の兄弟、姉妹を引き合いに出して比較する事ではありません。

 これは、兄弟、姉妹の一方には不当な優越感を、他の一方には不当な劣等感を植え付ける効果しかありません。

 級友に比べれば、普通か、普通以上であるのに、たまたま良く出来る兄弟、姉妹が身近にいるというだけで、いつも“ダメな子ね”といわれて、暗い気持ちでいる子供もいるのです。

● 長所に着目し、褒めることを発見する


 どんな子供にも長短の両所があるのに、親は短所だけを見がちです。短所を見るより長所を認めてやることが、子供の好ましい性格作りの道です。

 また、子供が自信を持って能力を伸ばすためには、褒められる事が必要です。叱ることを見つけるより、褒めることを発見すべきです。

子育てママの化粧品

 


Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved