授乳中 母体の健康

赤ちゃんの栄養;授乳中の母体の健康と衛生
Top > 育児−2 > 母体の健康と衛生

授乳 乳首の手入れ



  母体の健康と衛生
  混合栄養の与え方
  人工栄養
  調乳器具
  哺乳瓶と乳首

 乳首の手入れは手まめに

 授乳が終わったら煮沸綿で綺麗に拭き、清潔なガーゼをあてて、ゆるめのブラジャーをつける。
 ブラジャーは毎日取り替える。
 傷がついたら、はやめに外用薬で手当てをし、ガーゼをあてて化膿を防ぐ。
 化膿したときは、医師の指示によって、授乳を一時中止する。

 授乳中の食事はふだんの5割増し

 母乳で赤ちゃんを育てる母親は、1日平均850ccの乳を出している。
 これだけの量の乳を出すためには、普段よりずっと多めの栄養を摂らなければならない。
 量は普段の食事の5割増し、主食より副食を増やすようにする。
 食事が片寄ると、歯を傷めたり疲労しやすくなり、母体が損なわれ、老けやすくなる。
 食事の1回量を増やさず。食事の回数を4〜5回に分けると、消化、吸収がうまくいく。
 牛乳は良質のタンパク質やカルシウムを含む大切な食品。最低360ccはとりたい。牛乳が嫌いなら、魚、肉、大豆製品などで補う。
 タンパク質の増加分は、なるべく動物性食品からとりたい。

● 酒、タバコ、薬と母乳

 母親がアルコール飲料をとると、母乳にもアルコールが混じる。ただし、料理、菓子に含まれる程度の量とか、ちょっとたしなむくらいの量なら、悪い影響はない。気にするくらいならやめたほうが賢明。

 タバコのニコチンも、母乳に影響する。タバコは身体にとって害はあっても益ではないので、授乳中は出来れば止めたほうがよい。

 ふつうの市販品はあまり心配ないがバルビタール(睡眠薬)、カスカラ(下剤)、ヨード剤などを服用するときは、医師の指示を必ず受けること。

● 母体を美しく保つために

 授乳中は栄養や休養、保健に気をつけないと、母体の栄養が衰え、老けやすい。しかし、もともと妊娠や授乳は、むしろ女性の生き生きした健康美を完成させるものである。乳房の形も、ちょっとした注意で、美しさを損なわないですむ。

 太り過ぎにならないよう、糖分、穀類を控えめにして、なるべくタンパク質、脂肪を多くとる。

 ブラジャーは、きつすぎないものを選ぶ。下から持ち上げる型がよい。授乳用のブラジャーも市販されている。

 小さい乳房でも、授乳を続けるうちに、大きく豊かになれる。
 
子育てママの化粧品


子育てママの化粧品

 


Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved