子供と遊び 心を育てる

心を育てる遊び;子供の心と子供の遊び
Top > 心を育てる遊び

子供と遊び 経験と知識


● 遊び上手にするコツ
● 感覚訓練と感覚遊び
● 社会性を訓練するごっこ遊び
● 知識を伸ばす受容遊び
● 過程を楽しむ構成遊び
● 幼児は集中するが持続しない

 幼児は、体も心も、遊びを通して育っていきます。子供にとって、遊びは生活そのものです。

 子供は、遊びによって経験と知識を広め、空想を広げ、能力を身につけていきます。また、遊びながら友人を見つけ、友人との遊びの中でしだいに社会性を養います。

 静かに絵本を見ていたり、おとなしくテレビの前に座っていると…“いい子”。

 ちょっと目を離すと外へ出ていく…泥んこになって帰ってくる…かた時もじっとしていないでいたずらをする…“悪い子”。

 こんな偏見を持ったお母さんも、まだまだ多いのではないでしょうか。大人の世界でも、とかく日本人は勤勉・謹厳だけを過大に尊重して、“あの人はカタイ人間だ”とか“真面目だ”と言い、反面の遊びの効用を無視するどころか軽蔑して、ちょっとした事でも“あいつは遊び人だ”などと言いかねません。

 こうした修身的な道徳が親の頭のどこかに存在していると、子供の成長に対しても偏見を持つようになるのです。

 大人の人生観の問題はさておき、子供にとって遊びは、かくことの出来ない栄養源なのだということを、絶対に忘れないでほしいものです。

 遊びをめぐる親と子

 テレビのスタジオ。2歳から3歳の幼児が10人ほど連れてこられました。ライトにおびえたのか、泣きだす子もいます。お母さんにしがみついている子が大部分。

 ところが一人だけ、危なっかしい足取りで歩きまわるのです。カメラのコードを持ち上げたり、セットによじ登ろうとしたり、大人たちはハラハラしていました。

● 子供たちは変わった刺激に敏感に反応する
 
 どうして、こんな違いが出てくるのでしょう。生まれつきの性格なのでしょうか。決してそうではありません。元来子供というものは、周囲のものに興味を持ち、特に変わった刺激には敏感に反応するものです。

 自分の目、口、自分の手で確かめたがります。そうすることによって認識を深め、自分の認識を築き上げようと、体ごと精一杯に生きているのが子供なのです。

● 親が反応を引き留めている

 それなのに、“危ない!”“ダメ!”と叱ってばかりいるので、まるで魔法の金縛りにあったようになってしまいます。そういう時は、子供の成長は止まったというべきです。
 
子育てママの化粧品

 せっかく心を発達させようと、精いっぱいに努力しているのに、親がそれを引き留めてしまうのです。とても残念なことだと思います。
 
● 知識を生かす情と意の遊びも
 
 昔から教育内容を分けて「知・情・意」といいます。知識だけが教育内容だと狭く考えているお母さんもないわけではないと思います。

 幼児期の情操教育や、意志の教育が出来ていて、人間としての土台がしっかりしていないと、知識の教育も生きてきません。

 子供は与えられるものを知識として覚えるだけで、自分の物にならないのです。そして、情と意も、遊びを通して少しずつ身についていきます。

 たとえば、チューリップの花を見て、「これ、なんの花?」「どんな色?」と質問したり教えたりする前に、「まあ、きれいね。チューリップはお母さんも大好き!」と話しかけてごらんなさい。子供も花が好きになります。

 好きになれば、自分で進んで調べるようになります。こうして、知識を自分で獲得していきます。

 遊びの場合も、「面白そうだこと。お母さんの小さい頃もそんな遊びをしたのよ。そうだ、そんなとき、こんな歌を歌ったっけ」と、親身になって興味を示してやってください。

 そうすれば、お人形遊び一つにしても、子供は、お母さんから受けている愛情を、お人形の上に映し出していくに違いありません。

 もっと大事なのは、意欲や意志です。砂場で手も顔も真っ黒にしている子を叱るのは、もったいないと思います。

 崩れやすい砂の中に、なんとかトンネルを貫通させたい─このやり抜こう、あくまで目的を果たしたい、というのが遊びの中での子供の、“生きる情熱“であり、やがて大人になってからの不屈の闘志にも通じていきます。

子育てママの化粧品

 


Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved