子供と遊び 社会性

心を育てる遊び;社会性を訓練するごっこ遊び
Top > 心を育てる遊び > 社会性を訓練するごっこ遊び

子供 ごっこ遊び



 子供は、大人の社会生活を真似しながら、それを自分のものとしていきます。真似るものは身の回りにたくさんあり、幼児の遊びの半分以上はこの遊びです。

● 子供は真似ながら成長する


 例えば、ままごと遊び。お父さん役やお母さん役が出来て、家庭生活を演じます。そういう時には、言葉遣いまで大人ぶって、できるだけ本当らしく、役割をこなそうとします。

 「もっと勉強しなさいっ」などと、子供役のチビさんを叱ったりしながら、実は自分も成長しているのです。

● 子供の世界の色々な側面を真似る

 最近はテレビの影響で、子供の世界も思わぬところまで広がっていきます。ホームドラマ風にままごとが展開する場合もあります。また、見たところはままごとの道具だてながら、実はは“バーごっこ”をやったりしてもいます。

 ”アラッ、寄っていきなさいよ、お兄さん”なんて、どこまで分かっているのか、ませた口ぶりで色々な役割を演じていても、まあ大目に見てやることにしましょう。


 大事なことは、子供たちだけで大人に干渉されずに自由に振る舞い、たくさんのことを学んでいるという点なのです。

● ルールと役割と協調を学んでいく

 先生ごっこ、お客さんごっこ、電車ごっこ、どのごっこ遊びにもルールがあり、役柄があります。遊びは共同の演出と動作によって進んでいきます。

 家の中で、お母さんと二人で遊んでいてはどうしても学べないものを、学んでいるのです。子ども集団の中で、より強調しあい、それぞれが創造性を発揮しながら活動しないと、ごっこ遊びはうまくいきません。

 ときには友達と考えが食い違って衝突し、喧嘩もします。これもまた“学習”なのです。

 ごっこ学習は、小学校の学習法として採用されることがあり、社会化の学習で展開されたりします。

● 戦争ごっこや泥棒ごっこの意味

 戦争ごっこや泥棒ごっこ、お医者さんごっこなどになると、お母さんもやはり心配でしょう。

 戦争ごっこなどをやっていると、本当に戦争になっても平気な、いや進んで戦場へ出かけて行くんじゃないだろうか─戦時中の記憶の消えないお年寄りなどはたまらない心配かもしれません。そして、ピストルごっこもやめなさい、チャンバラもいけません、という事になります。
 
子育てママの化粧品

 しかし、大人の目と子供の目とは、たいへん違うものなのです。戦争ごっこで殺人の模倣をしているわけではなく、そのスリルやスピードを楽しんでいるのです。だからサッカーのほうがスピードやスリルの点で楽しいとわかると、サッカーごっこに夢中になります。

 捕まえようとしても、なかなか捕まらない犯人の逃げ足。そこが魅力であって、決して犯行そのものではありません。

 子供の目は、大人とは違う別の一点に集中します。「忍者ごっこ」では、現実にあるはずのない不思議な技、つまり“かっこよさ”にひかれるものなのです。いろいろな角度から、知識を総動員して判断する能力はまだ持ち合わせていません。

● お医者さんごっこ

 だからお医者さんごっこの現場を見つけても、興味が集中しているのは何なのか、素早く読み取れる親になりたいものです。どう対応するかは、その後です。

 いきなり頭ごなしに禁止したりすれば、子供は、お医者さんごっこに親がある特別の意味付けをしていることを推察して、かえって別の興味を持ったりします。

 また、友だちの前で、じつに格好の悪いことになり、顔を上げられないほど恥ずかしい思いをさせます。そういう立場に、子供を追い詰めるものではありません。

子育てママの化粧品

 


Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved