子供 遊び

子供と遊び;知識を獲得する
Top > 子どもと遊び > 知識を獲得する

子供 遊び 知識



● 知識を獲得する

 子供は発達するにつれて、さまざまの知識を学ばなければなりません。物の名前や性質、その用途などいろいろ覚えなければなりません。知的な側面での遊びの効果の第一は、知識の獲得です。

 親から言葉で教えられたり、テレビや絵本から学ぶこともあります。けれども、初めて実物の馬を近くで見た都会育ちの幼児が、「馬って大きいんだねぇ」と感動したという話があるように、正確な知識は得られないことが多いのです。

 特に幼児のうちは、実際に目で見たり、耳で聞いたり、指で触ったりしないと、身についた本当の知識にはならないようです。

 たとえば、スベスベした板からザラザラした板まで何種類もの板を用意し、指で触ってザラついている度合いを区別させたりすると、知的発達を早めるという考え方にもとづいた教育方法もあります。

 子供がはったり、つかまり歩きが出来るようになると、家中を探検してまわります。親は大事な物を壊されたり、汚されたり、危険な物に触りそうになったりして閉口するのですが、子供は探検することによって、新しい知識を獲得しているのです。

 ライターやナイフのような危険な物に触るのは、禁止するのが当然ですが、子供の探検を全然許さない親がいたとしたら、子供のせっかくの学習の機会を奪っていることになります。
 
 自然への興味を開く

 昆虫の好きな幼児がいますが、チョウの幼虫をとってきて飼育したりします。お母さんの多くは、ケムシやイモ虫を毛嫌いします。「そんな気持ちの悪いものをおうちへ持ち込んじゃいや! すぐ捨ててらっしゃい」などと叱りつけます。
 
 子供の頃に芽生えた生物や自然への興味の芽を、むしり取ってしまうのです。お母さんは大人なのですから、このぐらいの我慢はできるはずです。じょうずに飼育していれば、さなぎからチョウになる羽化の瞬間を観察できる幸運にめぐり合わないとも限りません。

 このような素晴らしい瞬間の感動は、子供の心に一生残っています。昆虫の生態を絵本で説明したところで、「そういうものか」で終わり、実際の体験とは比べ物にならない印象しか与えません。

 文字や数字の学習も

 最近は、幼児にひらがなや数字を教える親も多いようですが、特に改まって教える必要はありません。子供は、遊びの中でひらがなや数字を覚える機会が、ふんだんに与えられているからです。

 お母さんが絵本を繰り返し読んで聞かせると、子供は文章を暗記します。絵を見ただけで文章が言えるようになります。繰り返しているうちに、ひらがなの一字一字と発音が一致することを理解します。

 そうなれば、暗記した文章を繰り返すのではなく、字を見ながら声を出して読むことができるようになります。
 
子育てママの化粧品

 ひらがなの描いてある積み木やカルタ遊びも、ひらがなの学習になります。5,6歳になれば、簡単なトランプのゲームも出来るようになるでしょう。親子でトランプで遊んでいるうちに、数字や数の概念も自然に身についていきます。

● 事物と事物の関係を把握する


 知的な側面での遊びの効果の第二は、ある事物と他の事物の間の関係を把握していくことです。二つ以上の物の間に、どういう関係があるのかを理解することは、知識の発達とも密接に関係しています。

 子供は積み木遊びが好きです。積み木遊びからも、たくさんのことを学んでいます。積み木を高く積もうと思ったら、下が平らでないと上手く積めません。畳の上に積むよりも、テーブルの上に積んだほうが上手に積めます。こんな経験を何回か重ねると、基礎となる面と、積むことのできる高さの関係を理解していきます。

 また、小さな積み木の上に大きい積み木を乗せると、不安定でちょっとしたことでも崩れてしまいます。実際にやってみることをしないで、お母さんが「大きいのを下にしないと上手く積めないのよ」と何十回言い聞かせても、子供はなかなか分かりません。

 自分でいろいろやってみて、何回も失敗を重ねているうちに、大きい積み木を下にしないと高く積みあげられないことがよく分かります。経験を通して教えられた知識は、子供の身についた本当の知識です。

 そのうちに、上手くやれば、小さい積み木の上にも大きい積み木を乗せられるということにも気がつきます。重心とか重心をとるという言葉を知らなくても、行動としては重心を知っていることになるのです。

 水遊び、砂遊びをして砂のおまんじゅうや泥のお団子を作っていると、水と砂や土の関係が把握できるようになります。洋服が濡れるから、汚れるからといって、水遊びや泥んこ遊びをむやみに禁止しないでください。

子育てママの化粧品

 


Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved