子供 遊び

子供と遊び;人との付き合い方と集団のルール
Top > 子供と遊び > 人との付き合い方と集団のルール

子供 遊び 人との付き合い



● 他人との付き合い方を学ぶ

 これまで書いてきた遊びによって身につくものは、一人で遊ぶ、いわゆる“一人遊び”のなかでも身につけることができます。

 この社会的なものは、一人遊びや親との遊びからは学び取ることができないものです。おなじ年頃の友だちと一緒に遊ぶことによって、身につけていくものです。
 
 一人で遊んでばかりいて、友だちと遊ぶことをしないと、ほかの面は発達しますが、社会的な面の発達が遅れます。幼児のうちから、友だちと遊ぶ機会をできるだけ多くするように努力して下さい。

 友だちと遊ぶことによって、子供は他人との付き合い方を学びます。子供は、成長後、社会の中でさまざまな人間関係をつくっていかなければなりません。
 
 良好な人間関係を作ることが出来る人は、幸福な生活を送ることができます。良好な人間関係を作る能力の基礎は、幼児期、児童期の友だちの遊びの中で作られます。

● 集団のルールや役割が身につく

 また、遊び友達と集団を作ると、集団にはルールや役割があることが分かります。ルールを守り、自分の役割を果たすことが、楽しい遊びにつながることを知ります。

 このようなことを身につけることは、社会性が発達することです。友だちと仲良く、上手に遊べるようになるまでには、喧嘩をして泣いて家へ帰ることもあります。

 いじめられたから、泣かされたからといって、仲間集団から身を引くような指導をしてはいけません。社会性の発達のためには、喧嘩や、いじめられたりいじめたりすることも必要なのです。

 遊びは子供を全人的に発達させる

● 起きている間は全てが遊び

 
 遊ぶことによって、子供は身体的にも、知的にも、情緒的にも、社会的にも発達します。子供の全ての面の発達にとって、遊びはたいへん重要な役割を果たしているのです。子供の遊びは、大人の遊びとは、まったく違ったものである事がお分かり頂けたと思います。

 特に幼児期には、子供が起きている間は、全てが遊びと考えてよいのです。できるだけ自由に、力いっぱいに遊ばせることがもっとも大切です。お勉強とかおけいこ事は、その次です。
 
子育てママの化粧品

 原則的にいえば、遊びたいだけ遊ばせて、まだ体力的にも時間的にも余裕があれば、おけいこごとも結構です。遊ぶ時間が十分でないと、子供は円満な人格を発達させることが出来ません。

子育てママの化粧品

 


Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved