子育て応援事典 排便のしつけのじっさい

Top > 排泄のしつけ > 排便のしつけのじっさい

排泄のしつけ 排便のしつけ

排便のしつけのじっさい

製薬会社が作ったパーフェクトワントライアルセット 1,080円でぷるるん
 
 <しつけの目標になるもの>

 文化的な人間生活に適応していくためには、排便はいつでも、きまった場所で行なわなければなりません。

 排便のしつけは、そのような場所で、しかも親の手を借りずに後始末までできるようになることが、当然のことながら目標になります。

● 生後10か月ごろを第一の目標に

 このころになると、排便の時間や回数がだいたい決まってきます。また、排尿と違って、いきみなど排便のはじめるサインがありますから、これらを見はからって便器にかけさせてみます。

 しかし、そのときに必ずしてくれないこともあって親をがっかりさせますが、1歳ぐらいまでは、成功したらさいわいでしょう。おおらかな気持ちで進めてください。

● 2〜3歳ごろ
かわいいわが子の
無限の可能性のカギ
お母さんが持っているのです!!

無料体験だけはやっておくべきですよ


 子どもが、便意を告げたら、一緒にトイレに行くようにしましょう。このころでも失敗はよくあることで、けっしてしかってはいけません。

● 4歳ごろ

 このころになったら、便の後始末までできるようになれば、しつけも一応完成したとみてよいでしょう。しかし、この時期にあまりこだわらず、発達の個人差などもじゅうぶんに考えて、1年ぐらいの遅れはおおめに見てあげてください。

 <上手なしつけの方法>

● 生後10か月ごろ

 
 条件反射によるしつけを行なう時期で、子どもの状態をよく見きわめて、親が全面的に手を貸してあげなければなりません。

 毎日、一定時間を決めて、(朝の授乳か離乳のあと)、おむつをはずして便器にかけさせます。朝食後は腸の働きが活発ですから、条件反射を成立させやすいのです。

 便器をあてがっているあいだは、そばで「ウン ウン」と声をかけましょう。長い時間便器にかけさせ、遊ばせてしまってはいけません。出ないとき、イヤイヤをしたときなどは、すぐにやめます。

 成功したときは、おおいに褒めてあげてください。このようなことを何回か繰り返しているうちに、習慣がついてきます。

 ときには、便器からおろしたとたんに排便をしたりすることもあるが、けっしてしかってはいけません。

● 1〜2歳ごろ


 気張るようにして便意を告げたり、お母さんに「ボク ウンチ」などといったとき、トイレにいっしょに行ってあげるとか、便器にかけさせます。

 1日の回数が少ないことから、比較的問題は起きにくく、排尿と比べるとしつけはしやすいものです。

● 排泄のタイミング
● おむつの取り換えと排泄
● 排泄のプログラム
● 赤ちゃんがえり
● 排便のじっさい
● 排便の後始末
● 排尿のじっさい

どんな時にでもキレイを忘れないお母さんの化粧品
マキアレイベルの新商品キャンペーン
これはオススメ!! ハーフ1,980円〜
 

最適な育脳が
お子さまの未来を決めます


完全母乳を応援!
【ノンカフェインタンポポ茶】


NHK教育「えいごであそぼ」の
幼児英語教材


家庭教師のノーバス

楽天家電約198万品目で
ランキング第1位!「ケノン」








 
 親の責任は子どもを”大過なく守る”ということではなくそのエネルギーを”最大限に発揮させる“ということであろうと思います。ここでは妊娠中から就学前まで子どもの発育のなりゆきを扱っています。この時期の子育てを終えてだいぶ経ちますが、むかしの子育てが現代の子育てに役立てばと思い、むかしの経験のまま記しています。参考になるものがありましたら応用して実践してみてください。

 



Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved