子供 家庭教育 絵

子供の家庭教育;4歳児の絵
Top > 子供の絵・製作 > 4歳児の絵

子供 絵 4歳児

 

 3歳後半から4歳にかけて、乗り物や花を一つだけ大きく描く時期があります。それは乗り物や花に自分の願望を托して一つの生命を創造しているともいえます。

● なんでも一番でありたい願い


 この時期の子供の大きな特徴の一つに、なんでも自分が一番でありたいと願う心があげられます。誰よりも強く、速く、大きくありたいと願うときに描くのが、花であり乗り物であるのはなぜでしょう。

 自分も花のように大事にされ、いい場所に置かれたい、自分も自動車のように速く強くありたいと思う心が、それを描かせるのだという見方もあります。
 
 男児と女児の求めるものは、すでに違っていますが、花や乗り物を空想の場で生かすことによって、4歳児は自己主張を満たそうとするのです。

● 絵を描いて自分の“城”を築く

 思いきり動き回り、走り回り、しかも自分が一番でありたいと強く願う一方には、「危ないからダメ!」「もう遅いからお帰り!」「そんなことやめなさい!」という禁止の命令が、外敵の声のように、絶え間なく耳をうちます。


 そういう時、咲き誇る大輪の花、巨大などこへでも自由に行ける乗り物を描くことによって、子供は自分の願望を“外敵”から守る“城”を築いたことになるのです。この「城づくり」の絵と考えられるものには、大きな腺で円を描いたものがあります。

● この時期に気をつけたいこと
 
 衣服の脱ぎ着につけ、食事に仕方につけ、遅い! 落ち着かない!…などと、子供自身が時間をかけて生活の能力を身につけていくのを待ち切れず、注意ばかりしているお母さんがいます。

 こうして、子供が「いつも自分はへまばかりしているんだ」という気持ちになると、その失敗感の連続がせっかくの空想の芽をしぼませ、落ち着かない集中力の乏しい子供を作ってしまいます。

 お母さんの禁止の声や叱り声の量に、子供の日常生活は圧倒され、空想の内容は身を守る「城づくり」だけになってしまいます。このような時期が長く続くほど、その子は同じ段階で足踏みをしている事になり、自分の力で物事を試し、積極的に「こう描きたい」と外に向かって、伸び伸びと進んでいくものの考えを失ってしまいます。

 “外敵”への身がまえと失敗感が結びつくと、依存心の強い子供になってしまうのです。
 
子育てママの化粧品

 


Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved