子供 家庭教育 製作

子供の家庭教育;“作り”“遊び””壊す”
Top > 子供の絵・製作 > “作り”“遊び””壊す”

子供 製作 遊び

 

● 壊すのも製作のうち

 粘土の玉をくっつけるように、箱をつなぎ、大小の積み木や物をつなぐことで、それがすぐに乗り物や動物に変化します。野菜や果物にマッチ棒を突き刺せば、動物になります。そして、それを動かしたり乗ったりして遊ぶ空想の活動が、子供の成長を促すのです。

 自分で作り上げた物を自分で手荒に扱うことは、“大人の道徳”からみれば、“危険な破壊思想”に見えるでしょうか、「せっかく作ったのに、壊してはダメ!」といって、保存させたがるお母さんはせっかくの子供の芽を積んでいます。

● 手先が器用になるにつれて
 
 “形の貼り付け”は平面的にも立体的にも行ないます。手先が器用になるにつれて、細かな部分まで作るようになりますが、これは観察が細かくなった事でもあります。

 女の子は、ままごと遊びが発展するにともなって小道具を工夫しますし、それを使用する空想上の人物や、動物や、乗り物なども熱心に作るようになります。

 身近な物がすべて工作材料

 泥や砂や粘土で物を作ることを知った子供は、菓子箱を見ても、そこから製作活動を始めます。

● がらくた、廃品から傑作が…

 大はテレビの入っていた段ボールから、小はキャラメルの箱まで、箱はかっこうの材料です。詰め合わせのパッキング用の発泡スチロール、空き瓶、空き缶、針金、ひも、木の葉、木の実…大人からみれば一文の価値もないがらくたが、価値ある材料なのです。
 
 “捨て魔”“整理魔”の母親は要注意

 使い捨て時代に逆行するようですが、子供の役に立ちそうながらくたは一定の箱に入れておくぐらいの心づかいも「家事整理学」の一項目に加えてほしいものです。整理好きのお母さんは、気量な製作材料を子供の身の回りから奪っているのではありませんか。

 家庭を刺激の場に

 もちろん、材料さえ与えれば、子供が自然に製作意欲をかきたてられるというものではありません。家庭に物をつくる雰囲気が大切なのです。

 半製品はやめましょう

 簡単にできあいのものを買い、簡単に捨てる消費型のお母さんよりも、いつも自分で工夫しては何かを作り出す創作型であるほうが望ましいのは当然です。包装紙をふすまの腰にはったり、おもちゃ箱にはったりするのも立派な実物教育になります。

 なかば出来上がっているものを与えて、それを糊とハサミで完成させるのは、大人の怠慢を真似させるようなもので、“創造する人”への成長は望めません。

● 作品はたとえ不細工でも…

 
子育てママの化粧品

 子供なりに、自分の手で素材を確かめ、おぼつかない手つきで自分の作品を生みだした時、それが不細工であり、あぶなかしい物であるのは当然です。その意欲をおおいに褒めてやりましょう。

 完全癖のあるお母さんや潔癖なお母さんは、ともすると厳しい批評をしたり、ついつい自分でも手を出して母子合作をはじめがちですが、慎むべきです。

● 遊びを中心に、からだ全体で

 机の上で、小手先の作業をおとなしくしていればそれでいいという安心感ほど見当違いはありません。幼児の製作は作るものが遊びに結びつき、楽しいものでなくては意味がありませんし、体全体の力を発散させなければ、創造性と活動力のない無能な人間をつくってしまいます。
 


Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved