子育て応援事典 テレビと生活

Top > 家庭での教育 > テレビと生活

家庭での教育 子どもとテレビ

子どものテレビと生活

製薬会社が作ったパーフェクトワントライアルセット 1,080円でぷるるん

家庭での教育
 ※ テレビと生活  
テレビの見かたの変化  テレビの悪い影響


 幼児期の子どもは、1日の大半を家で過ごしているだけで、テレビを見る機会が多く、いろいろの影響を受けています。

 ところが、テレビの番組は子供向けのものばかりではありません。むしろそのような番組は非常に少なく、それだけ親としては、テレビの見せ方にいろいろな注意が必要です。

 テレビが与えるよい影響

 テレビを上手に利用することによって、子どもにさまざまの教育的効果を期待することができます。

● ことばをはやく覚える

幼児はテレビを見ることによって、多くのことばをはやく覚えます。それを使って話をするようになると、自然にことばの思考活動が活発になり、いろいろなことを質問するようになります。

● 間接経験を豊かにし創造力を刺激する
NHK教育「えいごであそぼ」から新登場
旺文社えいごであそぼプラネット
「学ぶ」ではなく「英語であそぶ」
楽しくて飽きないから英語が身につく!



 幼児期は、ごく限られた範囲の空間で生活をしています。したがって、幼児が経験する世界は非常に狭いのです。

 ところが、テレビでは、子どもが日常生活でおよそ体験することのない、さまざまのことが繰り広げられています。テレビを見ることによって、間接的にいろいろなことを経験し、知識も豊かになっていく、という効果は見逃せません。

 また、このような間接体験は、創造力を刺激し、絵本を見たり、絵を描くことが好きになるのです。

 テレビを積極的に利用する

 ● 遊びの延長として
 
 子どもの人気番組は、子どもたちの話題の中心であり遊びのよりどころでもあるのです。

 テレビばかり見ているからといって、禁止することはまったく無意味です。そのときは、おとなしくしてがっても、不満はどこかで爆発してしまいます。

 テレビを見せる時間を決めるとか、きまった番組だけを見せるなど、母親がテレビを見せることについての一つの方針を定めて、積極的に指導すれば、幼児の心の発達によい影響を与えることは間違いありません。

● 母親も一緒に見る

 テレビを見せるばあいは、その番組を一緒に見て、見終わったらいろいろ話し合うのもよいことです。

 親子の親密感をますだけでなく、言語表現の能力がたかまり、創造力も発達します。身追わあってから絵をかかせることも一つの方法でしょう。

どんな時にでもキレイを忘れないお母さんの化粧品
マキアレイベルの新商品キャンペーン
これはオススメ!! ハーフ1,980円〜

最適な育脳が
お子さまの未来を決めます


完全母乳を応援!
【ノンカフェインタンポポ茶】


NHK教育「えいごであそぼ」の
幼児英語教材


家庭教師のノーバス

楽天家電約198万品目で
ランキング第1位!「ケノン」








 
 親の責任は子どもを”大過なく守る”ということではなくそのエネルギーを”最大限に発揮させる“ということであろうと思います。ここでは妊娠中から就学前まで子どもの発育のなりゆきを扱っています。この時期の子育てを終えてだいぶ経ちますが、むかしの子育てが現代の子育てに役立てばと思い、むかしの経験のまま記しています。参考になるものがありましたら応用して実践してみてください。

 



Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved