子供 家庭教育 テレビ

子供の家庭教育;テレビと生活
Top > 家庭での教育 > テレビと生活

幼児 テレビ 生活



  テレビと生活  テレビの見かたの変化  テレビの悪い影響


 幼児期の子供は、1日の大半を家で過ごしているだけで、テレビを見る機会が多く、いろいろの影響を受けています。

 ところが、テレビの番組は子供向けの物ばかりではありません。むしろそのような番組は非常に少なく、それだけ親としては、テレビの見せ方にいろいろな注意が必要です。

 テレビが与える良い影響
 
 テレビを上手に利用することによって、子供にさまざまの教育的効果を期待することができます。

● 言葉を早く覚える

 幼児はテレビを見ることによって、多くの言葉を早く覚えます。それを使って話をするようになると、自然に言葉の思考活動が活発になり、いろいろなことを質問するようになります。

● 間接経験を豊かにし創造力を刺激する

 幼児期は、ごく限られた範囲の空間で生活をしています。したがって、幼児が経験する世界は非常に狭いのです。

 ところが、テレビでは、子供が日常生活でおよそ体験することのない、さまざまのことが繰り広げられています。テレビを見ることによって、間接的にいろいろなことを経験し、知識も豊かになっていく、という効果は見逃せません。

 また、このような間接体験は、創造力を刺激し、絵本を見たり、絵を描くことが好きになるのです。

 テレビを積極的に利用する

 ● 遊びの延長として
 
 子供の人気番組は、子供たちの話題の中心であり遊びのよりどころでもあるのです。

 テレビばかり見ているからといって、禁止することはまったく無意味です。そのときは、おとなしくしていても、不満はどこかで爆発してしまいます。

 テレビを見せる時間を決めるとか、きまった番組だけを見せるなど、母親がテレビを見せることについての一つの方針を定めて、積極的に指導すれば、幼児の心の発達によい影響を与えることは間違いありません。

● 母親も一緒に見る

 テレビを見せる場合は、その番組を一緒に見て、見終わったらいろいろ話し合うのもよいことです。
 
子育てママの化粧品

 親子の親密感をますだけでなく、言語表現の能力がたかまり、創造力も発達します。見終わってから絵をかかせることも一つの方法でしょう。
 


Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved