子供 家庭教育 テレビ

子供の家庭教育;テレビの見かたの変化
Top > テレビと生活 > テレビの見かたの変化

幼児 テレビ 見かた

 

● 1歳代

 テレビがあるということは分かっていますが、画面よりも、音声や色の点滅などに注目するだけです。

● 2歳児


 テレビの画面を一つずつ理解できるようになります。まだ、ストーリー全体の理解はできませんが、断片的にさまざまの画面を覚えていて、ときどき片言ながら話題にします。

● 3歳児

 30〜60分くらいは画面を見ているようになります。単純な筋は、正しく追いはじめ、ときには大人がびっくりするほど複雑な筋を追うこともあります。
 
 テレビの番組に対して好き嫌いを言い、好きな番組が無視されると、大声をあげて抗議したりします。

● 4歳児以上

 チャンネルを自由に回し、自分の心のままに番組を選んだりします。初歩的な英雄崇拝が始まり、ヒーローが登場すると、手をたたいて見守ります。

 4〜5歳児が最も好きな番組は、動物や人形の登場する劇や漫画、音楽などです。簡単なテーマソングやコマーシャルもすぐに記憶します。

 テレビの位置と見せ方
 
● 見せる位置

 テレビの画面から3bは離します。目の高さは画面より少し高くします。見上げるよりは見下ろすほうがよいでしょう。
 
 位置は、画面の中心から左右10度以内が、もっとも良いとされています。

● 明るさと時間

 テレビを見せる場合、部屋を真っ暗にするのはよくありません。まわりは画面の明るさより少し暗い程度にし、テレビのうしろが明るいときは、カーテンをつけるとよいでしょう。

 また、テレビを長時間見続けていると、目を疲れさすだけでなく、頭の働きを鈍くします。したがって、1時間ぐらいでやめるのが理想的です。
 
子育てママの化粧品

 


Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved