子供 家庭教育 金銭教育

子供の家庭教育;金銭教育
Top > 家庭での教育 > 金銭教育

子供 金銭教育 お金



 ※ 金銭教育
  お金の役割  金銭教育の教え方  お小遣い、ご褒美
  金銭教育は慎重に


 お金に強くなろう

 金銭教育とは、たんに「お金」の働きや値打ちについて教えることではなく、知能全体的な発達という見方に立って、考えるべきことであるといえましょう。

● 武士はくわねど…では生きられない

 戦前は、お金は表向き口に出すべきものではないと考えられ、もちろん子供に教えるべき教育内容の一つとは、誰も考えませんでした。だから、お金については、とても“弱い”大人になってしまったのです。

 特に、躾の厳しい家庭ほど、子供がお金のことを話題にしたり、はてはお金に触ったりするのさえ禁止したものです。

 “武士は食わねど高楊枝”とか、“宵越しの金は持たない”などと子供に話し、自分も少なくとも表面上は、金銭などは問題にしないように世間体をつくろって、金銭のためにあくせくすることを否定する人生観を植え付けました。

 植木屋さんとか大工さんとかいった職人たちは、自分のやった仕事を褒められるのを生きがいとして、仕事が金銭で評価されるのを嫌いました。

 これが極端になると、代金を請求せず、気に入っただけ払ってくれたら良いといったきっぷの良さを、自分もほこりにし、人も“職人気質”として褒めそやしました。

 こういう気風が強ければ強いほど、じつは古い経済の仕組みで儲かっている人には、都合が良かったわけです。お金に弱い大衆は、その反面では、“ちりも積もれば山となる”とか、“爪に灯をともす暮らし”を求められ、貧しい生活を余儀なくさせられていたのでした。

 現代っ子は、お金に強い!
 
 現在では事情が変わり、道徳を上から押し付けることもなくなり、一人ひとりが自分で考えて生活し、子供も育てるようになりました。

 金銭感覚もしだいに変ってきた、“お金は汚いもの”などという人はいなくなりました。しかしまだ、積極的に金銭教育をやろうなどという空気ではないようです。

 “現代っ子はお金に強い”こういう言い方をしたのは、昭和の中ごろです。でもお母さん方は、イヤーな顔をしてこれを聞き、少なくとも自分の子供はそうではないとか、よほどの環境のよくない子か貧乏人の子供の話だろうと考えたかったようです。

 子どもは親の生活態度を見習う

 資本主義の世の中なんだから、お金に目をつむって生きることは不可能なんだし、子供だけお金と無縁に育てることも出来ません。戦前のように、お金に弱い人間に育てられては子供がかわいそうだ、親としても、したててはいけないと考えはじめたわけです。
 
子育てママの化粧品

 しかし、もちろん人生はお金のためにあるのではなく、お金だけが人生の全てであっていいはずはありません。現代人の生活態度が全面的にそうだとは言いませんが、ともすればお金の力の前に“生きる目的”を見失いがちなことも否定できません。

 お金だけに執着し、お金にあくせくする親が多くなると、子供は親を見習ってイヤーな人間にならないとも限りません。そうなっては、本当にお金を生かして使うという、金銭教育の意味どころではなくなってしまいます。

子育てママの化粧品

 


Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved