子供 家庭教育 金銭教育

子供の金銭教育;お金の役割
Top > 金銭教育 > お金の役割

子供 金銭教育 お金の役割

 

 昔の人は、他人の子供にお金をあげることを慎みました。あれこれ考えて、お土産を買ったりしたものでした。それがその子の気に入らない結果となっても、苦心してそれを選んだ誠意といったものを、贈る側も贈られる側も大事にしていた訳です。

 金銭教育はおりにふれて

 でも最近は、お土産代わりにお金をあげても、変ではなくなりました。その子の本当に欲しいもの、好きなものを自分で買って貰ったほうが、こちらの気持も通じるのだと考えるようになったからです。
 
 また、子供たちは、あちらこちらからお年玉も戴きます。こんな具合で、最近の子供は、お金持ちです。お金にふれる機会も、グーンと増えました。

● 生活にはお金が必要なことから教える

 しかし、計算も上手く出来ないで、お金を上手に使えるのでしょうか。“100円玉が一つあります。1個30円のあめを3つ買えば、おつりはいくらか?”というのが算数の問題なら、これは1年生でも無理です。しかし、こんな計算が正確にできなければ、金銭教育はできないと言ったものではありません。

 金銭教育の第一歩は、欲しいものがあって、それを手に入れるためには金銭が必要なのだ、ということを知ることから始まります。黙って、お店の品物を持って来てはいけない─お金で買うのだという事。

 そして、おかねを得るためには働かなければならないし、また、お金を手に入れるために、何かを売る人もいるということを知るのが金銭教育の始まりです。ここからまた、社会の仕組みを知る手がかりも芽生えます。

 戦前、一般庶民の生活とまったく切り離されていた階級の人の中には、お金の働きを知らない人もいたという話があります。しかし、お母さんと一緒に毎日買い物に行く子供は、お金は生活に必要なのだという事実をちゃんと見ています。

 すじ道だった知識ではなくても、子供なりの生活の実感として、お金の役割を知っているのです。

● “買う”他に“売る”立場もある

 買い物がてらに、ちょっと話してみてください。欲しい物はお金を出して“買う”という事は、すぐ分かるでしょう。しかし、みんなが欲しがっている物をお金と引き換えに、“売る”─つまり人手に渡す─という立場は、おそらく理解できないかもしれません。

 売る立場が非常に強く印象付けられる「大売り出し」とか「特売日」とか、店によっても売り方が違うとか、興味を持ちだしたらどんどん質問をするものです。こういった機会をとらえて、売るという事の説明もしてやりたいものです。

 売る立場の人も、売る事によってお金を手に入れ、そのお金でその人の欲しい物を買っているわけです。またさらに、売る物を“作る”立場の人もいます。この人々は、作った物を売って、お金を手に入れているのです。

● 興味を持ちだしたら教えてやる
 
子育てママの化粧品

 社会化の勉強は学校に入ってからというのではなく、ちょっとしたお母さんの刺激によって、後々その子の成長につながっていく大切な勉強方法を、幼児でも身につけることができます。

 こういう知識は、6歳だから教えなければならないとか、3歳だから早すぎると言ったものではありません。興味を持ったら話してあげるべきです。そうすると、大きな店と小さな店、お客さんがたくさん来る店、来ない店、店によって売るものが違う…など、いろいろな“違い”に気づいて興味を持つのです。

 そういった考え方を身につけておくこと自体に、教育的な意味があるのです。お金のことについては、その子供が生活の中で興味を持てば、その子に分かる程度に、具体的に教えてあげるべきです。

● 3歳ぐらいをおおよその目安に

 ふつうの場合、だいたい3歳ぐらいになれば、お金のことを知るようになるので、買い物に行ったり、お年玉を貰ったりしたら、その機会に話してあげたいものです。「これはチューリップの花よ」「これはカエルよ」といったことを教えるのと同じように、自然に気楽な態度で。

 金銭教育は知識ではない

 お金の意味や役割を知識として教える事だけが、金銭教育ではありません。知識以外にも、さまざまな広がりを持っています。むしろ、その広がりこそ大切なのです。

● 感覚や情操にもつながる

 「あれ欲しいなあ」という事の底には、あれは”きれいだなあ”“面白そうだなあ”“役に立ちそうだなあ”という「感覚」や「情操」があります。そして、その子供の感覚や情操に訴えたものを手に入れるためには、お金が必要なのだということです。

 お店のないごくへんぴな山村の子供たちを都会に連れて来たところが、ショーウインドーの品物をのぞいた子供は「きれいだなあ」というだけで「欲しいなあ」「買いたいなあ」とは、ついに言わなかったそうです。

 その子たちにとっては、その物はきれいな自然物同様で、自分自身の物にする手段を知らなかったのです。しかし、そのような感覚や情操が、本当に価値あるものに向けられているかどうかも、同時に問題です。

● 欲の深いのは、子供の本性

 “あれが欲しい”“もっといいのが欲しい”“喉から手が出るほど欲しい”というのが、実はは一番子供らしい本物の感覚なのです。そんの本性を一応心得ていないと、いかにきちんとした金銭教育をやってみても、ただの記憶のための知識にすぎなくなってしまいます。

 
子育てママの化粧品

 


Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved