子供 家庭教育 金銭教育

子供の金銭教育;教え方
Top > 金銭教育 > 金銭教育の教え方

子供 金銭教育 教え方

 

 「あらっ、お財布を忘れたわ」─財布がない、つまりお金を持っていないので用が足せない、しかたがないからお母さんと子供は家にもどって、出直し。こんなときに、お金の役割が鮮明な印象となって、心に刻まれるでしょう。

 また、ひじょうに極端な話をしますと、たとえば貧乏な家庭の子供が、病床のお母さんのために店頭のリンゴに手を出し、こっぴどく店員に叱られるとします。こんなときに、お金の役割についての認識は、強烈に定着するに違いありません。
 
 そして、理解としてはきわめて不完全にせよ、その子の一生を支えるようなたくましい生活力につながるような“金銭感覚”が芽生えるかもしれません。

 親が生活態度で示し具体的に教える

 なにも貧乏でなければ効果的な教育は出来ないというのではありません。要は、家庭環境がいかに真剣に生活に立ち向かっているかどうかが、肝腎だということです。

● ルーズな買い物をしない

 「あらっ、このダイコン、高いのねぇ」と口では言いながら、さしあたって必要でもないものでも、ちょっと目につくものがあるとつい手を出してしまう。そしてそれが使われないままに、台所や茶の間にほおり出されている。これでは、子供は何のことかわかりません。

 もの一つ買うについても、それが金額に価するものか、必要なものか、有効なものかを考える態度、合理的にお金を使うお母さんの姿勢が、子供にとって、おりにふれての“発見”になるのです。

● お母さんの仕事に“参加”させる

 「ちょっと、卵を買ってきて!」…自分は近所の奥さん連中とせんべいをかじりながらおしゃべりに夢中んのくせに、絵本にすっかり心を奪われている子供のひと時まで中断させて、お使いを頼む。こんな便宜的なことではいけません。

 夕食の支度などでとても忙しいときなら、子供にもお母さんの家事に“参加”するという、心のはずみがあります。

● お使いには練習が必要

 お使いに行きときには、最初が大事です。お店でどんなふうに言えばいいのか、練習してから送り出したいものです。

 なにを、いくつ欲しいかを正確に言わせるべきで、「たまご」だけではお店の人に分かってもらえません。そして、始めてのお使いに失敗して、恥ずかしい思いをすると、その子はもうお使いに行こうとしなくなります。

 それにお母さんが追い打ちをかけるように、「この子、お使いはまだ無理なのね」などと云うから、おじけづいてしまうのです。

 これが積もり重なると、人前に出るとドキドキして、一言もしゃべれない性格にしたててしまいます。性格は決して生まれつきのものではありません。

 練習といっても、くどくど教え込むには及びません。「卵を1パックください」と、ポイントを押さえさえすればいいのです。また、指示はできるだけ具体的にしてください。

● お使いで子供に自信をつけさせる
 
子育てママの化粧品

 お母さんの仕事に参加した、お使いの大役を果たした、もう赤ん坊じゃないんだ! この自信が大事なのです。それだけに、最初のうちは失敗しないようくれぐれも細心の注意をし、ポイントをおさえた練習が必要です。

 


Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved