子供 家庭教育 絵本

子供の家庭教育;子供の絵本
発達段階による絵本の選び方
Top > 家庭での教育 > 子供の絵本

子供 絵本 選び方


  絵本  2歳〜3歳児の絵本  4歳〜6歳児の絵本


● 親が子供と楽しむもの

 「子供たちにどんな絵本を与えればよいか」とか「どんな与え方をすればよいか」などという質問をよく受けます。しかし私は、絵本は大人が一方的に子供に“与える物”ではないと思います。与える物ではなく、絵本を仲立ちとして、親と子供が共に楽しむ物なのです。
 
 読み手である親は、読み手として絵本を楽しみ、いっぽう子供は、読んでもらう側として絵本を楽しむわけです。言いかえると、絵本を楽しむという経験を、親と子が立場こそ違え、ともに分かち合うものです。

 これは絵本に限ったことではありません。子供たちにかかわりのある“児童文化”という物が、全てそうでなければならないのです。

 絵本は親が「つまらないけれど、子供に与えねばならない物だから、仕方ない」というような姿勢で読んでやっても、子供たちが感動するでしょうか。子供たちは、読み手が感動することによって、始めて感動できるのです。

 子供たちは読み方の上手、下手というような単に技術的なものからではなく、いかにもおもしろくてたまらないという、絵本に取り組む親や大人の姿勢から、いろいろなことを学んでいくのです。

 発達段階による絵本の選び方
 
● 親の感動と興味で選ぶことが第一


 ですから、絵本を選ぶときには、まず親が本当に感動できるものであるかどうか、興味深く読めるものであるかどうか、ということが第一の条件になります。

 原則的には、その内容と表現とが、子供の発達段階に応じていなければなりませんが、それよりも親の興味や関心が優先します。これは非常に大切なことです。
 
 ここでは、子供の発達に即した内容と表現について、一つの目安として、段階的に一例を示してみましょう。

 10ヶ月〜1歳半

● まだおもちゃの要素が強い

 
 この時期は絵本は本でなく、おもちゃの一種です。あるいはおもちゃから独立して本として働こうとする段階ですから、まず実物を見せることが重要です。この時期の子供にとっては、本は二次的なものなのです。
 
子育てママの化粧品

 子供たちは、実物で知っているものと、絵本の絵を結びつけて、“ああ、これはあれか”と再認するものですから、この時期の絵本は、子供たちの身辺にあって、たえず関係のあるようなものが内容となります。例えば、「ものの本」「どうぶつ絵本」「のりもの絵本」「おもちゃ絵本」などがそれです。

● 絵は写実的なもの、製本は丈夫であること


 絵と実物と結びつけるのですから、自然主義的な写実的な絵─見たまま描かれているものでなければなりません。その意味では、カラーの写真の物も悪くないでしょう。

 まだおもちゃの要素が強いので、簡単に破られても困ります。厚手の紙に印刷され、製本が堅牢で、たとえ子供がなめても色が落ちないようなものが必要です。印刷インキには、食品衛生法のような規制はされていませんので、注意しなければなりません。

● 伸び伸びと遊ばせ、楽しませる

 この時期は、一人で絵本と遊ぶか、大人が見せてやらなければならないわけですが、あまり神経質になって、子供をテストするようなことは、絶対に避けたいものです。そういうことより、「絵本は楽しいものだ」という経験をさせることが大切です。

子育てママの化粧品

 


Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved