子供 言葉 2歳

子供の言葉;2歳までの言葉の導き方
Top > 言葉 > 2歳までの言葉の導き方

赤ちゃん 言葉 お母さん

 

 お母さんにも必要な言語開発の技術

● お母さんの“あいづち”が道しるべになる

 子供に話しかけるだけでなく、子供の話をよく聞いてやるお母さんが良いお母さんです。赤ちゃんがせっかく言葉を出しても、それが役に立たなければ、赤ちゃんもあまり言葉を使わなくなってしまいます。
 
 「うう」といって赤ちゃんが指さしたら、そちらを見てやりましょう。「ワンワン」といっておもちゃを欲しがったら、おもちゃを取ってあげましょう。このように、赤ちゃんの言葉にちゃんとした手ごたえがあり、赤ちゃんの言葉が役に立つような環境が必要なのです。

 しかし、注意しなければならないのは、子供がもう少し大きくなって、言葉を一通り話せるようになってからは、親が気をきかせすぎるのは禁物だということです。

 「あれ」とか「うう」などと言っただけでお母さんが万事気を利かせ、子供の思う通りのことをしてやれば、その子の「あれ」や「うう」は、まるで願い事をかなえる“おまじない”のようなものです。

 これでは子供の言葉の発達も遅れ、また、わがままにも、ものぐさにもなってしまいます。こんな時は、子供の要求なり気持ちなりを、ちゃんとした言葉で言いなおさせなければなりません。

● 正し言い方、複雑な言い回しを覚えさせる

 子供の言葉にあいづちを打ちながら、子供の言葉を少しずつ複雑にしたり、間違った言葉遣いを正す注意も必要になってきます。
 
 そのためには、もとの子供の言い回しを出来るだけ生かしながら、訂正した形で受け答えをするのが良いといわれています。心理学者は、これを、親の「拡充模倣」と呼んでいます。

 たとえば、先の「ワンワン」にしても、「はい、ワンワンのおもちゃ」、「ふさ子ちゃんのワンワンね」、「ワンワンかわいいわね」とか、「はい、ワンワンのおもちゃがほしいのね」などと受け答えをしてやれば、子供は複雑な言い回しや、正しい物の言い方を少しずつ覚えていける訳です。

● 絵本を利用する言葉の勉強

 1歳になったら、絵本を与えましょう。絵本にはたいてい言葉がついていますが、絵本の使い方には、その言葉を読み聞かせる場合と、絵本をめぐって問答をする場合とがあります。

 さらりと自然に読んでやる
 言葉を読んでやるときには、字を読むというより、子供に話をする気持ちで、さらりと読んで下さい。

 お母さん方はゆっくりと読む傾向がありますし、また、子供向けということで、一種独特の“ふし”をつけて読むお母さんもいるようです。これでは、子供は正しい言葉を覚えません。

 日常の話しかけも、ごく自然に
 日常、赤ちゃんに話しかける時にも、一語一語区切ったりするお母さんもいます。しかし、赤ちゃんに話しかける時には、特に意識しなくても、自然にやさしく、ゆっくりと話しているものです。ことさら不自然な話し方をする必要はありません。
 
子育てママの化粧品

 絵本をめぐる問答は自由に
 絵本を使っての問答は、前に述べた「拡充模倣」を応用しながら、自由に話して下さい。

 また、絵本で見たものと、実物とを結びつける努力もしてほしいものです。絵本に出てきた動物や植物、乗り物は、できるだけ実物を見る機会をつくってやりたいものです。そして、実物を見たあと、そのときの経験を、絵本を前にしての問答に生かすことが大切です。

● 簡単な用事を言いつける

 1歳数ヶ月になって、かなり自由に歩き回れるようになったら、簡単な用事を言いつけて、お手伝いさせて下さい。

 「えいいちくん、帽子を持って来てちょうだい。帽子よ、頭にかぶるものね」と、なるべく身ぶりも取り入れて説明してやるのです。この年頃の子供は、お手伝いが好きなものです。

 残念なことに、これがいつもうまくいくとは限りません。別の物を持ってきてしまったり、途中に興味を引くものがあると、それに心を奪われてしまったりします。

 上手にお手伝い出来たときに「どうもありがとう」といって褒めてやることはもちろんですが、上手く出来なかったときでも、決して叱らないで下さい。

子育てママの化粧品

 


Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved