子供 言葉 2歳

子供の言葉;2歳からの言葉の導き方
Top > 言葉 > 2歳からの子供の導き方

2歳 言葉 お母さん

 

 1歳の誕生日前後から、子供の言葉はどんどん変わりはじめ、2歳前後には、大人の話し相手ができるくらいまで発達します。親の教育的配慮が、いちだんと効果を発揮するようになるのです。

 親の話し方が将来に影響する

● お母さんの言葉に二種類がある

 
 ある心理学者が4歳児のお母さん方を集めて、「もしあなたのお子さんが、春から小学校へ行くという時になったら、あなたはお子さんになんといいますか」と尋ねました。

 あるお母さんは「学校へ行ったら、先生の言うことをよく聞くのよ。先生の言う通りにしていればいいんだから」と言いました。つまり、子供に、どういうことをしなさいという、命令だけをするわけです。

 他のあるお母さんは「今までお母さんが見てあげられたけど、学校では、先生は一人でたくさんの子供を見なければならないのよ。だから、みんなが自分勝手なことをしたら、先生は困ってしまうのよ」といいました。

 このお母さんは、子供がどうすればよいかを直接言おうとせず、子供の判断の材料を与えて、子供自身に“自分はどういうことをしてはいけないか”“どういう事をすればよいか”を考えさせるというやり方をしています。
 
● 二つのタイプを分析してみると…

 第一のタイプは“ああしろ、こうしろ”“あれはしてはいけない、これはしてはいけない”という具合に、子供の行動について直接的な指示をします。いったんこうと云ったら理由などどうでもよく、とにかく指図通りに従わせようというわけです。「夕方だから外へ出ちゃダメよ。ダメといっているでしょ」という具合です。

 第二のタイプは、子供の行動について直接的な指図をするよりは、むしろ、どういう事を考えて振る舞ったらよいかを説明するタイプです。「もうすぐご飯よ。よそのうちでもお父さんが帰ってきてご飯でしょ。外で騒ぐとうるさいわよ」といった具合です。

 望ましいのは第二のタイプ
 第二のタイプのほうが言葉も長く、言い回しも複雑になります。子供の側からみると、それだけ言語環境は豊かであるというわけです。

 また、第一のタイプでは、子供がなにをすればよいか始めから答えが出てしまっています。第二のタイプでは、子供は自分で考えて行動しなければなりませんし、他人の子供も考えたうえで自分の行動を決めなければなりません。

 こうする事に決められているからというので、なにも考えずに行動するものではありません。こういう時には、どうしてこのように行動しなければならないのかを考える癖がつくわけです。

 社会性や思慮ぶかさも養われる
 最近の心理学者は、子供の言葉の能力を伸ばす上にも、社会性をやしなう上にも、また、他人の立場をよく考えて行動する思慮深い子供に育てるためにも、第二のタイプの話し方を母親が身につけなければならないと考えています。

● 言葉の指導の長期計画

 
子育てママの化粧品

 2歳くらいの子供に、そんな面倒な理屈を言っても分かるはずがない、とおっしゃるお母さんもいらっしゃるでしょう。しかし、少しずつ先回りをして、すっかり分かるようになる前から、分かるように話しかけてやる方が効果があるのです。

 それに、第一タイプの話し方をするか、第二のタイプの話し方をするかの違いは、お母さん方がこれまでの長い生活の中で身につけてきたもので、一朝一夕に変わるものではありません。それだけに、出来るだけ早めに、第二のタイプの話し方、物の考え方で子供に接するように心がける必要があるのです。

子育てママの化粧品

 


Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved