子供 家庭教育 言葉

子供の家庭教育;言葉遊び
Top > 言葉 > 言葉遊び

子供 言葉遊び

 

 言葉に興味を持たせるために、いろいろな言葉遊びがあります。次のようなものは、洗い物をしながらでも気軽にできるでしょう。

● 泣き声遊び

 「桃太郎さんが歩いていると、そこへワンワンといって─さあ、なにが出てきたのかしら?」という具合に、鳴き声から動物の名前をあてさせます。泣き声だけでなく、「ピョンピョン」「パカパカ」「チョッキン、チョッキン」などのような擬態語を使ってもよいでしょう。
 
 「それじゃあ、スズメはなんて泣くの?」と、動物の名前から鳴き声をいわせるのもよいでしょう。

● 童謡クイズ

 童謡の歌いだしの<ふし>だけをお母さんが歌って聞かせてから、童謡の題名や歌詞を言わせて下さい。言えたら、お母さんも一緒に終わりまで歌います。

● 私は誰でしょう

 子供の知っているお話の一部や、主人公の<せりふ>をいって、お話の題や主人公の名前をあてさせます。

 「カメさんがあまりのろいので、途中で一休みしたり眠ってしまいました」─(『ウサギとカメ』のウサギ)
 「お前をようく見るためさ」─(『赤ずきんちゃん』のオオカミ)

● しりとり

 昔からの遊びです。子供が文字を覚えたての頃は、「は」といえばハト、「い」といえばイヌというように、思い出すものが決まっているので、大人よりも上手です。言葉が増えるとかえって難しくなります。

● 言葉集め
 
 「動物園にいるものを、なるべくたくさん言ってごらん」「トリ、トンボはどちらも<ト>がつくわね。“ト”のつく言葉、もう他にないかしら?」

 そのほか、色─赤いもの、青いもの、形─四角いもの、丸いもの、空を飛ぶもの、水にうくもの…などいろいろな言葉を集めましょう。

● 反対言葉


 「反対の言葉を言ってごらん」では、「長い」の反対が「長くない」になったりします。「象は大きい、ネズミは?」のような聞き方がよいでしょう。

 「夏は暑い、冬は?」「石はかたい、とうふは?」…

 5歳になっても、「長い」の反対が「小さい」だったりするものです。
 
子育てママの化粧品

 


Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved