子供 家庭教育 言葉

子供の家庭教育;どもり
Top > 言葉 > どもり

子供 どもり



 どもりになる原因

 100人に一人ぐらいの割合でどもりの子供がいます。どもりの原因については、遺伝であるとか、左利きを無理に直したためだ、という説がありましたが、最近では、そうでないと考えられるようになりました。

 他人のどもりを真似たために、本当のどもりになってしまうという事もほとんどないようです。それでは、どうしてどもりになるのでしょうか。
 
● 3歳児が一番多い

 どもりが始まるのは、統計によると3歳が一番多く、ついで2歳と4歳ということになっています。つまり、言葉の発達が一番盛んな時期に、どもりになりやすいのです。

● 言葉に注意して話すのが原因

 発達が盛んな時期ですから、時々おかしな言葉遣いもします。ちょっとどもるような事もあります。そういう時に家のもの(とくに母親)が、どきんとして、もしかすると、うちの子はどもりなのではないかと疑います。

 そして、「もう一度言ってごらん」とか、「お話をする時はあわてないでゆっくり言うのよ」というような注意を与えたり、また、正しく言えたときに、「今日は上手に言えたわね」などと励ますと、子供は、自分の言葉に必要以上に気を使って話すようになってしまいます。

● 女の子より男の子に多い
 
 女の子よりも男の子がずっとどもりが多いのです。それは、一般に男の子は女の子に比べて言葉の発達が遅く、3歳ぐらいになって、体のほうはしっかりしているのに、言葉はまだたどたどしいところがあるのを、母親がどもりの心配を始めてしまうためだと考えられています。

 ふだんは、決してどもることのない大人でも、話している声を一時的にテープに吹き込んで、ほんの一瞬遅れて耳に聞こえるようにしてやると、たいていの人がどもってしまいます。

 また、外国語を同時通訳をするときのコツは、耳では外国語だけを聞き、口は翻訳した言葉を話すだけにして、自分の話している言葉は決して聞こうとしないことだといいます。

 話しながら、自分の話している言葉に注意をするとゴタゴタして、次の話が続かなくなってしまうのです。

 どもりを治すには

● 万事さりげなく応対すること


 ですから、どもりを治すには、言葉に気を使わせてはいけないのです。叱るのもいけないし、「話す前に息を大きく吸いこんで…」というような注意もいけません。

 また、そばのものがどもらないかなと心配したり、どもらずに話をすることが出来たと褒めるのもいけません。万事さりげなくやってのけなければなりません。

 しかし、もともと、子供の言葉を安心して聞き流すことができなかった、というのがどもりになった原因なのですから、さりげなくしていろと言われても、そう簡単にいくものではありません。
 
子育てママの化粧品

● 母親も一緒に専門家の治療を

 そこでなるべく早く専門家の診断を受け、その指導を受けることです。専門家は、全国各地の言語治療教室の置かれている小学校や、東京の国立聴力言語障害センター(現名称─国立障害者リハビリテーションセンター)にいます。

 どもりの子供だけでなく、母親も子供に接する態度を学んでいかなければなりませんので、併設の母親教室に参加することが必要でしょう。

 どもりを予防するには

 どもりを予防するために、家の人、とくに母親は次のような注意をまもってください。

@ 家の中の雰囲気をゆったりしたものにする。

A 子供にゆっくりと話しかける。
 
B 子供の話をよく聞いてやる。

C 言葉以外のこと(遊び、絵など)で子供に自信を持たせる(その意味では左利きを無理に直すことはあまり良くない)。

D 3歳前後には、言いよどんだり、言葉を繰り返したりすることが、言葉の正常発達の段階として表れることがある。どもりは遺伝や生理的欠陥によって起こるものではないのだという、正しい知識を持つ。

E 子どもが言葉をさがしているような時は、落ち着いて待ってやり、やたらに手助けをしない。

F 子供をその友だちや兄弟と比べたりしない。

子育てママの化粧品

 


Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved