子供 絵本 4歳

子供の絵本;4歳〜6歳児の絵本
Top > 家庭での教育 > 4歳〜6歳児の絵本

子供 絵本 5歳

 

 絵本
 2歳〜3歳児の絵本
 4歳〜6歳児の絵本

● 読書の基本的な態度

 あらゆる点でめざましい発達をとげる時期で、読書量も増大してきますから、この時期に、読書に対する基本的態度を的確に習得させるべきでしょう。
 
 理解能力も深まる一方ですから、少々難しいものでもあまり気にしないで、繰り返し繰り返し読ませていくことが大切です。

 種類もいよいよ豊富になってきて、「知識絵本」や「科学絵本」、それに「絵ばなし」なども加えてエスカレートします。

 文章や絵については、前の年代のものを深めていいのです。この時期の絵本で重要なことは、絵本を通して子供たちのさまざまな空間がまず広がるということです。それは生活の領域だけでなく、心の動き方、感じ方など、あらゆる点で豊かにならねばなりません。

● 幼児なりに人生に対する姿勢を身につけさせる

 近ごろは、知識中心に考える人が多いようですが、本当に大切なものは、少し大げさな言い方をすると、“人生いかに生くべきか”ということを身につけさせたいのです。つまり生活者としての幼児の、幼児は幼児なりに人生に対する姿勢を正しく身につける─このことが重要です。

 しかし、こういうことは、絵本だけの働きでも何でもありません。テレビからも児童文学からも学ぶことができますが、絵本の場合は、当然ながら、それが文章と絵によって表現されるというところが特徴です。

● テレビと文学とのすきまを埋める絵本

 近ごろは、とりわけテレビのように、見ただけで安易に分かるものばかりが多くなってきましたが、あくまでも動かない静画であり、文章を読むことによって、その動かない絵が動くものと想像し、その想像で補いながら、楽しまなければなりません。

 これが、絵本のもっとも教育的な点です。創造力を必要とする絵本は、こうしてテレビと文学との空間を埋めるものとして、特に現代的な意味があるでしょう。

● 文学へつなぐ時期

 5、6歳がこういう時期であるといえます。しかし誤解のないようにして頂きたいのは、子供たちが絵本を卒業して文学へ移るということではないのです。
 
子育てママの化粧品

 絵本にも小学生向きのものがありますし、大人になっても十分に楽しめるはずのものです。だから、5、6歳ともなれば絵本の他に自分で文字が読めるようになって、さらに文学を楽しむ能力がついた─と考えるべきだと思います。

 こういう時期には、物語性の強い、やや複雑な内容の絵本が必要であるかのように思いがちですが、誰かに読んでもらうものと、自分で自ら読むものとの間には相当ギャップがあるようです。

 むしろ、前の時期のようなやさしい内容で、活字も大きく、構成も単純な絵本がよいでしょう。そして、むしろ母親が聞き手の側に回るようにする心がけが大切です。

子育てママの化粧品

 


Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved