子供 家庭教育

子供の家庭教育;子供の絵・製作
Top > 家庭での教育 > 子供の絵・製作

子供 絵 家庭



 子供の絵・製作
 2歳児の絵
 3歳児の絵
 4歳児の絵
 5歳児の絵
 子供の製作
 粘土遊びのすすめ
 “作り”“遊び”壊す“

 子供の絵

 子供たちは何の屈託もなく、すらすらと無造作に、おもしろい絵を何枚も書きあげていきます。誰が見ても楽しく、ほほえましい姿です。

 実際子供は絵を描くのが好きです。鉛筆やクレヨンやマジックインキを使って、知っていること、感じたことを次々に自由に描いていくのです。

 子供は大人と違って、他人を意識したり、上手に描こうという考えが先だったりしないので、心の思いのままを絵にすることができるのです。“絵は子供の心をのぞく眼鏡”であるといわれる理由もここにあります。

 絵を通して子供の心に触れよう

 ところで、子供が絵を描くときの原動力になるのは、空想する力です。子供には羽が生えていて、どこへでも飛んでいけるのです。

 水の中へも、土の中へでもところかまわず瞬間的に行けるのも、空想の羽の力によってです。大人の頭の中にある距離感は、子供にはありません。
 
 征服力が大きければ、距離感はゼロに等しくもなります。この空想という、子供だけが持っている実験室を利用して、子供たちは人類が長い歴史の中に学んできた、さまざまな経験を卒業していくのです。

 絵を描きながら子供は成長する

 子供の思いが自由にほとばしった絵の中には、その段階段階での征服欲や判断や経験などが、空想を通して子供なりに整理され、溶け込んでいます。子供にとって絵を描くことは、知能を伸ばすために欠かすことのできない過程なのです。

 手をとって大人なりの絵の描き方を指導するよりも、子供に自由に描かせるほうが母親として大切なことですし、絵を通して子供の心の傾きに気づくことができれば、素晴らしい母親といえます。

 水彩絵の具のすすめ

 絵を描く道具は、鉛筆でも、クレヨンでも、マジックでもなんでも結構です。昔流の考え方で、水彩絵の具は年齢が進んでから、と思っているお母さんもあるでしょう。しかし、2歳になったら、筆に絵の具をふくませて、なにかを描かせてみるのもよいのです。

 2〜3歳は、絵の上では力の発散期です。クレヨンは幼児でも扱いやすいので、すぐになにかの形を描きはじめます。2〜3歳児に、記号としての意味しか持っていない形を描かせるより、筆で思う存分に線遊びをさせ、力を発揮させてみてはどうでしょう。

 高価なポスターカラーなどより、粉絵の具にのりを加えたものがよいでしょう。このドロドロした絵の具を、たっぷり思いきり使わせることが、幼児の感覚の発達にとって、素晴らしい意味を持っているのです。
 
子育てママの化粧品

 


Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved