子育て応援事典 性格と情緒

Top > 教育 > 性格と情緒 わがまま

性格 情緒 わがまま

子どもの性格と情緒:わがまま

製薬会社が作ったパーフェクトワントライアルセット 1,080円でぷるるん

 性格と情緒
  わがまま
  協調性
  利己心
  欲ばり
  いじわる
  短気
  依頼心
  自主性
  従順
  内気
  意志が弱い
 
  忍耐力
  おくびょう
  残酷性
  ひねくれ
  暗い性格
  劣等感
  嫉妬心
  虚栄心
  競争心
  社交性
  おせっかい
  だらしない
  潔癖性
  反抗心
  おとなへの不信
  人生への懐疑
  不安感
  孤独感
  感傷
  独立心
  自尊心
  責任感
  正義感

 わがままな子

@ おもちゃ屋の前で、ほしいおもちゃを買ってくれるまで泣きわめく子。幼稚園で、ブランコを何回こいだら次の子にかわるという規則を無視して、ご機嫌でいる子ども。

A 小学校の学級会で、ある提案をし、それが他の人にどんなに都合が悪いものでも、自分さえよいと思えば、頑固に主張する子ども。

B
 このように、わがままな子とは、他人の迷惑も考えずに自分の要求や主張だけを、どこまでも押し通そうとする自己中心性の強い子どものことをいう。
かわいいわが子の
無限の可能性のカギ
お母さんが持っているのです!!

無料体験だけはやっておくべきですよ


 わがままとは

@
 10か月くらいの赤ちゃんのすることは、わがままそのものである。親がどんなに忙しくても、お腹がすけば火がついたように泣く。いけないといっても机の上をかきまわし、大事な書類を破いたりする。自分のしたいこと、自分の要求だけを考え、他人がどう思おうが、迷惑しようが考えない。赤ちゃんは、このように、きわめて自己中心的な存在である。
 
A ところが、成長するにつれて、子どもは次のようなことを学んでいく。

 世の中には、自分以外の人間がいるということ。
 自分がしたいと思っても、してはいけないことがあって、ある場合には、自分の要求をおさえて我慢しなければならないこと。

B このように考えれば分かるように、わがままとは、幼児的な性格が大きくなっても残っている状態をいう。

C 別のことばでいえば、自分と他人、自分の立場と相手の立場の区別が、じゅうぶんにできないことをいう。子どもはなぜわがままな性格になるのだろう。

 親が溺愛した場合

@
 わがままな子は、親に溺愛され、ほしいものは何でも与えられたり、やりたい放題のことをして育った子どもに多い。つまり、自分の要求をコントロールすることを学ぶ機会を持てなかった子どもである。

A 長男とか一人っ子、両親が年をとってから生まれた子、生まれつき体が不自由だったり、弱かったりした子などは、甘やかされて、わがままになりがちである。

 間違われやすいわがまま

@
 わがままといわれる子どもは、少なくない。しかし、わがままというのは、単純な現象ではない。まったくほかの原因から、わがままと同じような現象をしめすことがある。これをわがままと同じように扱うと、子どもを苦しめるだけに終わってしまう。たとえば、つぎのような場合である。

A 偏食に見られるわがまま
 子どもの偏食は、そのほとんどはわがままからである。しかし、中には体質的に特定の食物をどうしても受け入れられない場合もある。親がそれを知らないため、わがままとみられる場合がある。

B 関心をひきたい場合
 すねてみたり、反抗したり、乱暴したりして、我意をとおそうとする、しかし、本当の目的は、自分の要求を貫くことにあるのではない。そのようにふるまって、相手の注意をひき、自分に関心を持ってもらうことにある。
かわいいわが子の
無限の可能性のカギ
お母さんが持っているのです!!

無料体験だけはやっておくべきですよ


C このようなときには、なぜその子はこんなに愛情に飢えているのかを考えてやることが必要である。 

 家庭から離れて生活させる

@
 家庭から離れて生活すると、子どもは、自分で自分のことを始末する習慣を身につける。また、家庭以外の人たちと生活するうちに、自然に、自分の幼稚さに気づくものである。

A このような処置は、むずかしい場合もあるから、もっと身近な方法として次のようなことが考えられる。

 干渉しないでおいてみる

@
 わがままな子は、たいてい依頼心が強く、あまったれである。よくない態度を具体的に指摘しておいて、ある期間、なるべく子どもに干渉しないでおく。

A はじめは失敗を繰り返し、イライラしたり、八つ当たりしたりする。しかし、そのうちに自分の欠点に気づいて、その子の態度ががらりと変わることがある。

 自負心を傷つけないこと

 一般にわがままな子は、自己評価が高く、自分を実際以上に見せかけようとする傾向が強い。このため、わがままな行いを叱るときでも、人前で叱ったり、友だちと比較したりして、本人のプライドを傷つけてはいけない。

 親の反省がほしい

 人の注意をひくために、わざとわがままにふるまっているようなときには叱る前に、子どもの不満をくみ取ってやることが必要。たとえば、別の子だけを偏愛してはいないかなど、よく反省してみなければならない。

 エネルギーを正しく発散させる

 わがままな子は、一般に強いエネルギーを持っている。それを押さえつけてしまうようなことがあってはならない。子どものエネルギーを、スポーツなど、意義のある目的に発散させるように導き、それをとおして、協調性を身につけてやりたい。
かわいいわが子の
無限の可能性のカギ
お母さんが持っているのです!!

無料体験だけはやっておくべきですよ


どんな時にでもキレイを忘れないお母さんの化粧品
マキアレイベルの新商品キャンペーン
これはオススメ!! ハーフ1,980円〜

最適な育脳が
お子さまの未来を決めます


完全母乳を応援!
【ノンカフェインタンポポ茶】


NHK教育「えいごであそぼ」の
幼児英語教材


家庭教師のノーバス

楽天家電約198万品目で
ランキング第1位!「ケノン」










Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved