子育て応援事典 運動機能の特徴

Top > 運動機能の発達 > 運動機能の特徴

子どもの運動機能 精神運動機能

子どもの運動機能の特徴

製薬会社が作ったパーフェクトワントライアルセット 1,080円でぷるるん
 
● 知能の発達と関係がある

 乳児は、やりたいことをことばや動作で自由に表現することができません。また、目的に応じた運動も出来ません。つまり、心とからだが未分化の状態なのです。

 したがって、運動機能と知能の発達は密接な関係があり、この二つを切り離して考えることはできません。乳幼児の運動機能を「精神運動機能」とよんでいるのもこのためです。

 たとえば、首がすわるということでも、はやい子は2ヶ月半くらいから、遅い子でも4ヶ月半ごろまで、という幅があります。ところが、5カ月になっても、まだ首がすわらないばあい、知恵遅れを考えなければならない、ということで問題になります。

● 個人差が大きい

 もう一つは個人差が大きいということです。こんどは“歩く”ということを例にとって考えてみましょう。
NHK教育「えいごであそぼ」から新登場
旺文社えいごであそぼプラネット
「学ぶ」ではなく「英語であそぶ」
楽しくて飽きないから英語が身につく!



 ある子どもは9カ月で歩きはじめました。ところが12カ月たってやっと歩きはじめる子どももいます。運動機能の発達が知能の発達と密接な関係がある、ということだけしか頭の中に入っていないお母さんは、すぐ知恵遅れではないか、と心配するかもしれません。

 「標準発達表」をご覧ください。一人歩き一つとっても、それができる時期には、約8カ月の幅があることにお気づきでしょう。

 つまり、ある範囲内の遅れは全然心配ないのです。もちろん知恵遅れなどと心配する必要は、毛頭ありません。個人差の幅が実に大きいということなのです。

 逆に、はやい子がひじょうに知恵が進んでいるということは言えません。ただ活発で、元気のよい赤ちゃんだ、ということにすぎないのです。

● 脳にいちばん近い部分から発達する
 
 一般に運動機能の発達というのは、脳にいちばん近い部分から発達します。

 したがって、目とか耳とか口がまず発達し、それから首、手、足という具合に、脳から遠くなるほど遅く発達することになります。

 いつ頃なにができるか、ということはだいたいこれが基本になるのです。ところが、ときには、順序が逆になったり、一段階飛び越えて発達することがあります。

 とくに最近目立つのは、”はいはい”を飛び越えて、いきなり歩きはじめる子どもが増えてきたことです。

 しかし、考えてみますと、これは住宅事情に関係がありそうです。現在は住宅事情が悪く、廊下もないうえ、周囲にたくさん家具があって、はいはいをするスペースもないような家庭が多いのです。

 こんな環境では、赤ちゃんにとっては、はうどころではありません。立ちあっがった方がよっぽどいい、ということになるのでしょう。

● 乳児期は先天的なものに、幼児期は環境に影響される

 乳児期の運動機能は、かなり先天的なものに左右されます。たとえば、たんに首がすわるとか歩くとかいうことですと、からだに欠陥がないかぎり、いずれはできるようになります。

 ところが幼児期の運動機能を見ますと、ふだんから十分ならしておかないと、なかなかその運動ができないばあいがあります。
NHK教育「えいごであそぼ」から新登場
旺文社えいごであそぼプラネット
「学ぶ」ではなく「英語であそぶ」
楽しくて飽きないから英語が身につく!



 すべり台に乗るとかボールを投げる、といった動作は訓練しないとうまくできません。物を使って遊ぶというばあいにも同じことが言えます。

 したがって、幼児期になると、家族の方々が積極的に子どもにそのような刺激を与えたかどうかによって、運動機能の発達にはかなりの差が出てきます。

 運動機能の特徴
 月齢・年齢別の発達
 運動機能のおくれ
 遅れを取り戻すには
どんな時にでもキレイを忘れないお母さんの化粧品
マキアレイベルの新商品キャンペーン
これはオススメ!! ハーフ1,980円〜


最適な育脳が
お子さまの未来を決めます


完全母乳を応援!
【ノンカフェインタンポポ茶】


NHK教育「えいごであそぼ」の
幼児英語教材


家庭教師のノーバス

楽天家電約198万品目で
ランキング第1位!「ケノン」








NHK教育
「えいごであそぼ」
から生まれた
0〜6歳児向け
英語教材!


 
 親の責任は子どもを”大過なく守る”ということではなくそのエネルギーを”最大限に発揮させる“ということであろうと思います。ここでは妊娠中から就学前まで子どもの発育のなりゆきを扱っています。この時期の子育てを終えてだいぶ経ちますが、むかしの子育てが現代の子育てに役立てばと思い、むかしの経験のまま記しています。参考になるものがありましたら応用して実践してみてください。

 



Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved