子育て応援事典 月齢・年齢別の発達

Top > 運動機能の発達 > 月齢・年齢別の発達

子どもの運動機能 運動能力

月齢・年齢別運動機能の発達

製薬会社が作ったパーフェクトワントライアルセット 1,080円でぷるるん
 
 運動機能の発達を見るばあい、”いつ頃なにができるか”ということと、“どのくらいできるか”という二つのことが、判断の基準になります。お母さんがたが、いつも気にするのは「よその赤ちゃんのできることが、うちの子にできない」ということです。

 参考標準発達表

● こまかい動作の発達


 運動能力は、正常の赤ちゃんであれば、遅かれ早かれいずれは自然に身につきますが、こまかい動作は”なれる”ということが必要で、家庭での訓練のしかたによって、さらに大きな個人差が出てきます。

 ここでは、発達のおおよそのようすを年齢を追って述べてみることにしましょう。

 1歳代
 大きな筋肉を使う動作の発達がおもで、まだ細かい動作は無理です。そのため、歩いていてもよく転びます。しかし、リズムに合わせて体操のまねをしたり、鉄棒にぶら下がったり、すべり台から滑り降りたりすることはできるようになります。また、物をつかむとか投げることも出来ます。
NHK教育「えいごであそぼ」から新登場
旺文社えいごであそぼプラネット
「学ぶ」ではなく「英語であそぶ」
楽しくて飽きないから英語が身につく!



 2歳代
 おなじ年齢の子どもとは、まだ遊べない子どもが多いのですが、行動半径が広がり、大きい子どものなかに入ってそのまねをしながら、運動量がしだいに増えてきます。

しかし、まだ器用さを求めることは無理で、相変わらずよく転びます。

 また、両足でピョンピョン飛んだり、すべり台で遊んだり、足踏み式に階段を上がり降りすることができます。

 1時間以上も歩けるようになり、かけ足もよくでき、ボールを投げるばかりでなく、足でけることも出来るようになります。

 さらに、高いところから飛び降りたり、三輪車をこぐ子どもも、2歳半ごろから多くなってきます。

 3歳代 
 このころになると、かなり細かい動作が可能になってきます。とくにこの時期は、よく物をこわします。

 これは、手先が器用になっていく一つの過程であり、また、そのものの構造などにたいする探究心のあらわれでもあって、大いに歓迎すべきことです。

 それと同時に、箸を使って食事をしたり、積み木でトンネルや門の形を作ったり、鉛筆やクレヨンで○が書けるようになります。

 4歳代
 耐久力がついてくるうえ、集団遊びが上手にできるようになります。しかも、3歳ごろから見られた器用さが、ますます目立ってきます。ハサミを使って物を上手に切れるようになります。折り紙も上手になります。

 しかし、これらは、はやくから訓練しないと、このころになってもまだできない子どもがいる反面、2歳代でもできるようになる器用な子どももいます。また、2,3`くらいの距離は平気で歩けるようになります。

 5歳代
 集団の遊びのなかで、運動機能はいちじるしく発達し、体力も増大してきます。器用さもますます目立ってくるのもこのころです。

 遊びは、このころから男女の違いがはっきりしてくるのがふつうで、女の子では室内遊び、男の子では外での遊びが多くなります。

 また、ほとんどの子どもは、ハサミを使って自分の望む形のものを切ったり、絵が上手になり、折り紙もかなり細かいものまで折れるようになります。
NHK教育「えいごであそぼ」から新登場
旺文社えいごであそぼプラネット
「学ぶ」ではなく「英語であそぶ」
楽しくて飽きないから英語が身につく!



 運動機能の特徴
 月齢・年齢別の発達
 運動機能のおくれ
 遅れを取り戻すには
どんな時にでもキレイを忘れないお母さんの化粧品
マキアレイベルの新商品キャンペーン
これはオススメ!! ハーフ1,980円〜


最適な育脳が
お子さまの未来を決めます


完全母乳を応援!
【ノンカフェインタンポポ茶】


NHK教育「えいごであそぼ」の
幼児英語教材


家庭教師のノーバス

楽天家電約198万品目で
ランキング第1位!「ケノン」









 
 親の責任は子どもを”大過なく守る”ということではなくそのエネルギーを”最大限に発揮させる“ということであろうと思います。ここでは妊娠中から就学前まで子どもの発育のなりゆきを扱っています。この時期の子育てを終えてだいぶ経ちますが、むかしの子育てが現代の子育てに役立てばと思い、むかしの経験のまま記しています。参考になるものがありましたら応用して実践してみてください。

 



Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved