子育て応援事典 運動機能のおくれ

Top > 運動機能の発達 > 運動機能のおくれ

子どもの運動機能 運動機能のおくれ

子どもの運動機能のおくれ

製薬会社が作ったパーフェクトワントライアルセット 1,080円でぷるるん

 <おくれの判断>

● 一つの機能の遅れだけで判断しない


 標準発達をしめした表から見て、「うちの子どもはやはり首のすわりが悪い」と判断したばあい、からだそのものに欠陥がある、知恵遅れが考えられると述べましたが、この点、誤解されるととんでもないことになりますので、もう少し詳しく判断の基準について述べてみます。

 たとえば、首がすわるという時期は、乳児期のごく早い時期、生後3〜4か月ごろです。ところが、5〜6か月になっても、首がすわらないからといって、それだけで発達の遅れを判断するのではありません。

 一応は、知恵遅れやからだの欠陥が考えられるとしても、ほかの運動機能の遅れはどうか、ということをよく見て、総合的に判断しなければなりません。

 あやすと声を出して笑うのは4か月ごろです。おもちゃを出すと、それをにぎるというのが3か月ごろ、自分で手を出したり、もう一方の手に持ちかえるということは5か月ごろになるとできるはずです。

 また、周囲にたいする関心も強くなる頃ですから、音がすればそちらを振り向くという動作も、たいていの赤ちゃんはできるころです。

 以上のようなことが全部できるのに、5カ月になっても首がすわらないというのは、まったく心配する必要はないのです。
NHK教育「えいごであそぼ」から新登場
旺文社えいごであそぼプラネット
「学ぶ」ではなく「英語であそぶ」
楽しくて飽きないから英語が身につく!



 ところが、首もすわらず、あまり周囲に関心をしめさないなどということになれば、はじめて異常が疑われるわけです。
 
● からだそのものに欠陥があるばあい
 
 運動機能の発達が遅れているばあい、からだそのものに異常があるということも、もちろんあります。

 たとえば、脳性小児まひのように脳に異常があるばあい、それから手や足、筋肉などに欠陥があるばあい、といった二つのことが考えられます。

 一般に運動機能が極端に遅れるのは、脳に問題があることが多いようです。

 ただし、脳性小児まひでも、軽いものであれば、少し手足が突っ張る程度で、訓練によってあとからだんだんなおってきます。そのばあい、専門家お指導はもちろん必要です。もちろん、程度によっては完全になおらないものもあります。

 脳の疾患が重いばあいは、運動機能とともに知能も大幅に遅れてきます。こんなときには、いろんなことが重なって遅れるのです。こうなれば、専門家にまかせる以外に方法はないでしょう。

 脳以外のからだの部分に欠陥があるばあいも、もちろん遅れが出てきます。

 たとえば、先天性股関節脱臼があれば歩行機能が遅れるとか、進行性筋ジストロフィー(運動をつかさどる筋肉がしだいに委縮していく病気)などはその典型的な例といえましょう。

● 未熟児で生まれた赤ちゃんのばあい


 たとえば、予定よりも2カ月早く生まれた赤ちゃんでは、運動機能もそれだけ遅れることになります。

 つまり、そういう遅れを計算しなければならないのです。このような未熟児の発達を判断するばあいには、ふつう生活年齢を標準値にあてはめることが行なわれています。

 生活年齢というのは、年齢を誕生から数えないで、受胎のときから数えたものです。たとえば、妊娠8か月で生まれた赤ちゃんの生後4カ月は、生活年齢でいうと12カ月です。これは妊娠10カ月で生まれた赤ちゃんの2カ月にあたるわけです。

 したがって、未熟児で生まれた赤ちゃんでは、4か月ごろになっても、ふつうに生まれた赤ちゃんの4カ月と比較することができないのです。
NHK教育「えいごであそぼ」から新登場
旺文社えいごであそぼプラネット
「学ぶ」ではなく「英語であそぶ」
楽しくて飽きないから英語が身につく!



 しかし、未熟児だったからといって、この遅れが一生ついてまわるわけではなく、ほかに障害があらわれない限り、小学校に入るころまでには追い付いてしまうのがふつうです。

 運動機能の特徴
 月齢・年齢別の発達
 運動機能のおくれ
 遅れを取り戻すには
どんな時にでもキレイを忘れないお母さんの化粧品
マキアレイベルの新商品キャンペーン
これはオススメ!! ハーフ1,980円〜


最適な育脳が
お子さまの未来を決めます


完全母乳を応援!
【ノンカフェインタンポポ茶】


NHK教育「えいごであそぼ」の
幼児英語教材


家庭教師のノーバス

楽天家電約198万品目で
ランキング第1位!「ケノン」








NHK教育
「えいごであそぼ」
から生まれた
0〜6歳児向け
英語教材!


 
 親の責任は子どもを”大過なく守る”ということではなくそのエネルギーを”最大限に発揮させる“ということであろうと思います。ここでは妊娠中から就学前まで子どもの発育のなりゆきを扱っています。この時期の子育てを終えてだいぶ経ちますが、むかしの子育てが現代の子育てに役立てばと思い、むかしの経験のまま記しています。参考になるものがありましたら応用して実践してみてください。

 



Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved