子育て応援事典 遅れを取り戻すには

Top > 運動機能の発達 > 遅れを取り戻すには

子どもの運動機能 過保護をさける

子どもの運動機能の遅れを取り戻すには

製薬会社が作ったパーフェクトワントライアルセット 1,080円でぷるるん

 脳やからだに疾患がないのに、運動機能が少し遅れている、といった場合には、発達をさまたげているなにかがあると考えていいでしょう。もちろん個人差があるということを忘れてはいけませんが、これらのことを考えながら、遅れ取り戻す方法を述べてみましょう。

● 過保護をさける


 子どもにいろいろの刺激を与えるということは、育児の基本です。それをおそれて大事にしすぎることも発達をさまたげる一つの原因になります。

 たとえば衣服を考えてみましょう。薄着をさせる習慣をはやくからつけておくと、ふつう6か月ごろには座れるようになります。ところが、大事にするあまり、厚着をさせておきますと、8カ月たっても座れないことになるのです。

 運動機能の発達をさまたげるばかりか、健康の面からもよいことは一つもありません。

● 太りすぎも大敵

 いっぱんに、やせ型の子は活発で、小回りがききます。反対に、太っている子は動きが鈍いようです。
NHK教育「えいごであそぼ」から新登場
旺文社えいごであそぼプラネット
「学ぶ」ではなく「英語であそぶ」
楽しくて飽きないから英語が身につく!



 しかし、これらのことは生まれつきのものが多く、とくに乳児期では、太り過ぎが運動機能の発達をさまたげる要因にはなりません。また将来の肥満とはあまり関係がないのです。

 ところが、幼児期の太り過ぎは注意を要します。動きが鈍く、したがって運動機能の発達が遅れてきます。

原因としては、体質によるものは別にしても、栄養過多と運動不足があげられます。これがますます肥満を助長して、悪循環をまねくわけです。
 
 これを取りのぞくためには、何よりも運動をさせなければなりません。過保護とも関係しますが、積極的に戸外で遊ばせることです。

 歩けるようになったら、すっかり疲れきるまで歩かせ、新しい経験をどんどん積むように仕向けましょう。

● 親はおおらかな気持ちで


 よその子と比較して、親が神経質になることは禁物です。よその子はうまくできるけれども、うちの子はどうしてもできないというとき、あせりを感じないわけにはいかないかもしれません。

 しかし、どんどんやらせているうちにうまくなってくるものです。たとえ下手でも、グループに入れて溶け込ませるようにしなければいけません。うまくやらせる前に、まず好きにさせることが大切です。

 運動機能の特徴
 月齢・年齢別の発達
 運動機能のおくれ
 遅れを取り戻すには
どんな時にでもキレイを忘れないお母さんの化粧品
マキアレイベルの新商品キャンペーン
これはオススメ!! ハーフ1,980円〜


最適な育脳が
お子さまの未来を決めます


完全母乳を応援!
【ノンカフェインタンポポ茶】


NHK教育「えいごであそぼ」の
幼児英語教材


家庭教師のノーバス

楽天家電約198万品目で
ランキング第1位!「ケノン」








NHK教育
「えいごであそぼ」
から生まれた
0〜6歳児向け
英語教材!


 
 親の責任は子どもを”大過なく守る”ということではなくそのエネルギーを”最大限に発揮させる“ということであろうと思います。ここでは妊娠中から就学前まで子どもの発育のなりゆきを扱っています。この時期の子育てを終えてだいぶ経ちますが、むかしの子育てが現代の子育てに役立てばと思い、むかしの経験のまま記しています。参考になるものがありましたら応用して実践してみてください。

 



Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved