育児 家庭の役割

家庭の役割;家庭生活の変化
Top > 家庭の役割 > 家庭生活の変化

育児 家庭生活の変化



 時代の移り変わりとともに、家庭生活もいろいろな面で変化してきました。昔は、よく家門の誉れとか、家風に合わないということが言われ、自分の生まれた家を誇りに思う気持ちが強かったのです。

 しかし、自分の事を家と結びつけて考えようとする傾向は弱くなりました。考えてもせいぜいお父さんが喜ぶだろうとか、お母さんが悲しむだろうという程度で、家族の名誉や外聞ということを考える人は減ったように思います。
 
 結婚にしてもそうで、○○家と△△家の結婚ではなく、A夫とB子の結婚というように個人を中心に考えるようになりました。家単位の行動ではなく、個人単位の行動が増えたということができましょう。

● 家族一人一人の距離が遠くなった

 家庭生活を営む家屋の構造のなかにもこの傾向は認められます。従来に日本の家屋は、ふすまやカラカミで仕切っただけの、個室のない家が多かったのです。機構や地震の頻度は変わらないのに、最近できる家には、西欧風の一つ一つの部屋が独立している家が増えてきました。以前はひろい家で、部屋がたくさんあっても寝るときは一つの部屋で寝ている場合が多かったのです。

 極端にいえば、この傾向は、家意識の減退、家族共同体意識の希薄化とも言えるでしょう。この傾向は特に若い世代に著しいように思います。

 はっきりした数字に基づくものではありませんが、個人が家で過ごす時間も少なくなったのではないでしょうか。家の外に面白いことがたくさんあり、家族以外の人と一緒にいることのほうが楽しいことがいくらでもあるのです。

 家とは、寝て食べるところと割り切っている人もいます。さらに同じ家にいても、家族のなかで話し合う機会も減ったように思います。テレビの普及ということも一因かもしれません。共通の関心事が失われたのかもしれません。

 人はそれぞれ社会の影響を受けて成長しますが、その社会が短い時間で大きく変化するので、世代間の隔たりが多くなったのかもしれません。親と子の距離は、これからもだんだん大きくなるような気がします。

子育てママの化粧品

 



Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved