育児 家庭の役割 兄弟

家庭の役割;兄弟がいる意味
Top > 家庭の役割 > 兄弟

育児 兄弟がいる意味



 兄弟を持っているということは、その子供にとってどんな意味をもっているのでしょうか。このことは、兄弟のいない一人っ子と比べてみるとよくわかります。

● 一人っ子の場合

 親と子の関係は、与えるものと受け取るものという意味で、縦の人間関係です。友だち同士は横の関係です。一人っ子は、幼稚園や小学校に入るまでは、縦の関係しか知りません。要求する事はたいてい認められますし、一つの物を譲り合って一緒に使うという経験もありません。
 
● 兄弟で、協力する心を養う

 これにたいして、兄弟があれば、早くから縦の関係とともに、横の関係の含まれる空気の中で成長します。学校に行くようになって、友達とよく遊べるのは、兄弟のいる子どもが多いのです。

 つまり、兄弟がいるということは、同年配のものと付き合う機会が早くからあるということで、無理に自分の意志を通すよりは、相手の言い分を聞いたほうが楽しく遊べるという事や、2人で力を合わせてやることの意味を、幼い時から経験できるということになります。

 このほか、家庭で兄として扱われ、弟として遇されていると、しだいに兄らしい性格、弟らしい性格というものができてきます。

子育てママの化粧品

 


Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved