幼児食 おやつ

幼児食;おやつ
Top > 幼児食 > おやつ

幼児食 回数と量



 <おやつを与える意味>

● 3回の食事では十分栄養が取れない

 幼児は栄養所要量が多いのに、胃の容量が少ないので、大人のように1日3回の食事では、子供の成長に見合うような栄養をとることができません。

 また乳幼児の終わりごろの、1日5回の離乳食(ミルクも含めて)から、自然な形で将来の3回食の方向に進める移行期として、また準備としておやつを与えるのです。

● レクリエーション的な意味も…
 
 もう一つは、このおやつの時間に、子供の好みを生かした、レクリエーション的な意味も見逃すことができません。朝昼夜の食事とは違った、楽しい雰囲気があり、子供もおやつを待ち遠しくなることでしょう。

 <回数と量>

● 1歳〜2歳


 乳児期5回食の延長で、午前1回、午後1回の2回にします。1日の栄養量から見て、1回量は100iくらい。子供が自主的に食べられるような、食べやすい乾いたもの(ビスケット、クラッカーなど)と飲み物(牛乳または果汁)がよいでしょう。

● 3歳〜4歳

 個人差があり、子供によって食欲が違いますから、いちがいに言えませんが、1日1〜2回にしましょう。

● 5歳〜6歳

 幼稚園、保育所に行くようになれば、午後1回になります。量は、1日所要量の10分の1くらいのカロリーがいいのではないかといわれています。

 <おやつに適した食品・適さない食品>

 適した食品

 親の都合だけで、既製品を好きなだけ与えるというようなことは、絶対にさけたいもの。与える目的が、栄養補給にあるのですから、子供が好きなものだけを与えてはいけません。

 1日の食事を計画的にたてれば、自然にその日のおやつの量や種類も決まってくるはずです。

 3度の食事でとりにくい牛乳、乳製品、果物、いもが中心で、それに子供の好きなチョコレート類、スナック類、キャンデー類などを組み合わせるのが、簡単で、手の足りない家庭でも歓迎させるものです。

 日曜日や休日には、子供にも手伝いさせて、手作りのおやつを用意するのは、とてもよいことです。ドーナッツやクッキーの型抜き、計量などは喜んで手伝います。危険のないものを選んで、おやつ作りに参加させましょう。
子育てママの化粧品


● 適さない食品

 甘味の強い食品は、食欲不振や虫歯の原因になりますので、たくさん与えることは禁物です。また、濃く着色したもの、香辛料の強いものはさけましょう。

 


Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved