幼児食 お弁当

幼児食;お弁当
Top > 幼児食 > お弁当

幼児食 調理のくふう



● 毎日のお弁当

 お母さんや家族の手を離れて、一人で食べる弁当ですから、目先の美しさや子供の好みだけにとらわれてはいけません。集団の中でみんなと一緒に食べれるのですから、食べやすく、しかも適度の量や質を盛り込むようにしましょう。

 箸やスプーンの使い方にも限界があります。食べる速度も考えて調理法のくふうが必要です。
 
● 弁当箱の選び方

 1日に摂らなければばならない栄養量の4分の1は、お弁当に盛り込むようにしてください。

 そのためには、まず弁当箱の選び方から始まります。現在もっともお勧めできるのは、プラスチック製の密閉できるもので、そのなかでも、浅くて広いものを用います。

 ご飯とおかずを一緒に入れる場合は、2カップ入り、別れている場合はご飯入れ1〜1.5対おかず入れ1弱くらいの大きさが適当です。

● おかずに適した食品

 良質タンパク源として「食品の選び方」の表、第1群または第2群のどれかは必ず入れます。

 卵も牛乳も魚も肉も豆も、というわけにはいきませんから、この中から2〜3品は入れるようにしましょう。

 たとえば、パン食なら、チーズ、卵、ハム、または、牛乳、肉というように。ご飯なら、卵焼き、魚の身のから揚げ、煮豆というように、第1、第2の食品を忘れずにたっぷり入れてあげましょう。

 次に第3群の野菜類です。緑、黄、赤など色どりよくつめれば、お弁当全体を美しくし、子供も喜びます。ひたしもの、サラダは水気が出やすいので、ポリ容器に。煮物、いためものなど1日の目安量から見て4分の1は入れたいものです。

 野菜料理はくふうが大切です。水気の出やすい野菜料理は、最後に卵とじにしたり、炒めるときに水を吸う春雨を混ぜるなどして、食べやすいものを詰めましょう。

● 主な食品の調理法

 
 半熟状は細菌の繁殖しやすい状態になっています。よく火を通しましょう。ゆで卵、卵焼き、煮抜き卵、卵とじなどがよいでしょう。

 
 骨をとったり、ひと口切りにして十分火を通したもの、小口切りのフライ、から揚げ、でんぶ、つみれなどが食べやすいでしょう。

 
 魚と同様に、焼いたり揚げたりします。ひき肉団子は食べやすいのですが、切り身のときは、切れ目を入れて、ちぎりやすくします。
 
子育てママの化粧品

 野菜
 千切り、薄切り、スティック状などにして、噛み切りやすくします。

● 味付けのポイント

 味の濃いもの、薄いもの、無いもの、酸っぱいものなど、いろいろ組み合わせるのもよいでしょうが、ご飯とおかずを交互に食べる習慣が、まだ出来ていない場合は、炒飯、すし、サンドイッチなど、1品で食べやすく、味つけされているものを選ぶほうがよいでしょう。

 <行楽弁当>

 栄養的というよりも、楽しみが主ですから、毎日のお弁当のような色彩を重んじたうえで、楽しい雰囲気のあるものを作ってください。

 <おとなの食事と幼児食>

 食事の計画は、子供だけを切り離しては考えられません。もちろん、子供の食事にたいする細かい配慮は必要ですが、家族全体の中で、子供と大人の歩み寄りで、おおよその骨組みをつくることが大切でしょう。

● 献立の考え方

 まず主料理を決めます。魚料理なら、子供には食べやすいように、骨、皮、頭などをとった切り身にして料理します。

 野菜料理は、切り方、加熱の加減で子供向きになります。

 子供に栄養的な食事をさせようと思えば、食品の選び方や献立にも気をつけなければいけません。「食品の選び方」の表を参考にして、家族全体の分を計算し、計画的な買い物からはじめたいものです。

● 調理のくふう

 同じ材料を使っても、小型に切る、美しく切る、やわらかく煮る、味つけを濃くしない、食べやすく盛り付けるなどで、おとなの食事と違った料理ができるはずです。

子育てママの化粧品

 


Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved