幼児食 太り過ぎ

幼児食;子供の太り過ぎ
Top > 幼児食 > 子供の太り過ぎ

子供 太り過ぎ なぜ



 食生活が豊かになるにつれて、太り過ぎの子供が増えてきました。太り過ぎにはいろいろな問題があり、太っていることを、手放しで喜んでばかりはいられません。

 <太り過ぎはなぜ起こるか>

● 脂肪の付きすぎが最大の原因

 太り過ぎはホルモンのせいだと思っている人も多いようです。しかし、ホルモンの異常のために太るのはまれで、食べ過ぎによる脂肪のつき過ぎによるものがほとんどです。
 
● 運動量の不足も…

 子供の太り過ぎのもう一つの原因は、運動量の不足です。都市化現象と交通戦争は、子供たちの遊び場を奪い、戸外で活発に遊べなくなりました。

 こうして、子供たちの運動量は低下し、体に蓄えられたエネルギーの消費が少なくなり、その供給源である脂肪が増えてしだいに太ってきます。

● ”太りやすい体質”もある

 しかし、都市部の子がみんな太っているかというと、そうではありません。従って、太り過ぎるには”太りやすい体質”が関係していることも確かに考えられます。

 たとえば、病気やけがで長い間寝ている子供は、ふだんより食欲が低下して、食事量とエネルギーの消費量のバランスを自然に取るのですが、太りやすい体質の子供は、このようなバランスを取るのが下手で太ってきます。

 逆に、太りやすい体質の子供でも、太るのを抑えるような生活環境に置けば、決して太りません。

● 食事量は普通でも太る子

 普通の子供と同じくらいしか食べないのに太っている子もいます。

 そのような子供は、太りはじめたころ、長い期間にわたって食欲が旺盛だったのです。そして、いったん太ってしまえば、食欲は普通の子供並みに戻っても、実は、それでも食べ過ぎているのです。

 というのは、太っているため、体を動かしたがらなくなり、エネルギーの消費が減ります。活発に遊びまわる子供に比べて、それだけ食べ過ぎになるわけです。ですから、それほど食べないのに、さらに太っていきます。

 たしかに、太り過ぎの子供は動作が緩慢で、運動量が少なく、エネルギーの発散が少ないものです。この悪循環でますます太ってしまいます。

● 結局は二つの原因が…

 このように考えてくると、太るか太らないかは体質で決まり、太り過ぎの子供が増えるか減るかは、社会環境や生活環境に左右されるといえましょう。
 
子育てママの化粧品

 太りやすい体質の本態は、まだよくわかっていないので、これを直すことはできません。しかし、子供が伸び伸びと走り回れる遊び場をつくってやるとか、親や周りの大人たちが、食事と運動のバランスを上手くとるような育て方をすることによって、子供の生活環境を、太り過ぎにくいものに変えていくことは可能なのです。

 


Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved