幼児食 太り過ぎ

幼児食;乳児の太り過ぎは心配ない
Top > 幼児食 > 乳児の太り過ぎ

乳児 太り過ぎ なぜ



● 誕生ごろまでにスマートになる

 生まれてすぐの赤ちゃんは、どちらかというとやせ型です。ところが、5〜6ヶ月頃までに、まるまると太ってくるのが普通です。なかには食欲が旺盛で、親がびっくりするほどお乳をよく飲み、5〜6ヶ月では体重9〜10`にもなる赤ちゃんもいます。

 しかし、自然に食欲が普通になり、体重はそれ以上増えなくなって、誕生日すぎるとだんだんスマートになります。
 
 これは、赤ちゃんが自分で食欲を調節して、太り過ぎをなおしているのです。その証拠に、食欲はふつう以下でも、機嫌はとてもよいものです。

 こういう経過をとる赤ちゃんは、たいてい幼児期には普通の太り具合になり、その後は正常に一生を過ごします。

● ただ、こんな点には注意

 なかには、幼児期にいったん普通になったのに、小学校に入ってから、また太ってくる場合があります。

 赤ちゃんの太りすぎは、さしあたり心配はないのですが、赤ちゃんの発育の様子は注意深く観察することです。

 食事や運動はもちろん、年に2,3回、定期的に身長、体重をはかって経過を観察し、太り過ぎがなおったあとも見守っていく必要があります。

● 赤ちゃんの病的な太り過ぎ

 きわめてまれですが、乳児がクッシング症候群による病的肥満になることがあります。肥満だけでなく、顔や背中が異常に毛深くなったり、外陰部に発毛したり、”ニキビ”ができたりするなどの異常を伴うので、見つけやすいものです。

 <太り過ぎの子どもの特徴>

 発育が早熟なタイプ

 太り過ぎの子供は、一般に体の発育が早熟のタイプです。幼児期や小学校低学年では、身長の高いグループに属し、ときには驚くほど身長の高い子もいます。しかし、思春期がふつうより早く訪れるので、身長の伸びも早く止まってしまいます。

 また、ひじょうに太っている女の子は、10〜11歳ごろ月経がはじまることも少なくありません。

● 皮膚のきめが粗くなる

 極端に太ると、首筋や脇の下などの皮膚が黒ずみ、きめが粗くなることがあります。これは、痩せるとだんだんなおっていきます。

 
子育てママの化粧品

 


Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved