幼児食 太り過ぎ

幼児食;子供の太り過ぎの悪影響
Top > 幼児食 > 太り過ぎの悪影響

子供 太り過ぎ 悪影響



● 将来、成人病にかかりやすい

 太り過ぎの子供が病気にかかりやすいとか、病弱だということはありません。しかし、いったん極端に太ってしまうと、なかなか治りにくく、放置すれば必ず太り過ぎる大人になり、中年すぎていろいろ悪い影響が出てきます。

 高血圧、糖尿病、心筋梗塞、肝臓病、動脈硬化などの成人病は太り過ぎの人の方がかかりやすく、太り過ぎの人の平均寿命は短いのです。
 
● 消極的で劣等感を持ちやすい

 太り過ぎの害は、子供の心理面にもあらわれてきます。太っていることを友だちからからかわれ、動作が鈍く、運動やスポーツが下手で、引っ込み思案になりがちです。

 太り過ぎの子供の平均知能は、ふつうの子供より悪くなく、小学校では、体育以外は、ふつうの子と差がないか、むしろ優れている傾向があります。

 しかし、中学生になると急に成績が低下する子供が多いのですが、これは心理的なコンプレックスや消極性が原因になっているものと考えられています。


 <太り過ぎをなおすには>

● 食事の注意

 食事療法がもっとも効果的です。

@  ご飯、パン、菓子、麺類、いも類などの糖質食品を思い切って減らします。糖分を含む飲料品もやめます。
 
A  発育が盛んなので、肉、魚、卵、牛乳、乳製品、大豆製品などタンパク質の多い食品はじゅうぶんに与えます。
 
B  バター、マヨネーズ、ラード、油などの油脂類は、ふつうに食べさせます。

 食事療法を間違って行うと、子供の発育をゆがめかねないこともあり、かなりの危険をともないます。必ず、医師や栄養士の指導を求めてください。

● 運動を積極的にさせる


 毎日、根気よく、規則的に行なえば効果があります。戸外で積極滝に遊ばせましょう。また、布団の上げ下ろし、部屋の掃除、買い物の手伝いなども、きびきびやるようにしつけ、積極的な生活態度を養わせることが大切です。

 太り過ぎの子供は、少し運動をすると、すぐ息が荒くなり、耐久力がありません。これを見て、心臓に悪いと思い、運動をひかえるように勧めるお母さんもいます。しかし、太り過ぎていても、子供は心臓に異常を起こしている事はまれですから、これは間違った考え方です。

 もちろん、すぐ苦しくなるような運動を短時間やるより、軽い運動を毎日欠かさず続けるほうが効果的です。
 
子育てママの化粧品



Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved