新生児 赤ちゃん 異常

新生児期の異常
息づかい・ひきつけ・腕や足を動かさない
Top > 新生児期の異常 > 息づかい・ひきつけ・腕や足を動かさない

赤ちゃん 息づかい



 息づかいがおかしい

 生まれたばかりの赤ちゃんは、呼吸数1分間40ぐらいで、安らかに息づいています。しかし、呼吸数が1分間60以上、速い場合には100以上にもなったら明らかに異常で、急いで医師の診察を受けなければなりません。

 呼吸の度に、うめき声を出したり、息を吸い込むときに胸がへこんだり、顔色も悪く、いかにも苦しそうな様子であれば、重大な病気です。
 
 小さな未熟児では肺哨子膜症といって、肺が十分開かないために起こる病気が多いのです。肺炎や肺出血のときにも、息づかいが荒くなります。

 生まれるときに羊水をたくさん吸いこんでしまい、羊水の成分が肺の中に詰まって、呼吸が苦しくなることもあります。そのほか、脳の病気、心臓病、横隔膜の異常などでも呼吸困難を起こします。

 赤ちゃんは鼻づまりを起こしやすく、鼻がつまると息づかいが荒くなったり、お乳を飲みにくくなったりします。

 また生まれて間もない頃から、息を吸い込む度にゼイゼイ音が聞こえる赤ちゃんがいます。静かに眠っている時にはあまり聞こえませんが、泣いたりお乳を飲むときにはひどくゼイゼイします。

 音がするだけで赤ちゃんはちっとも苦しそうではありません。お乳をよく飲んで体重の増え方も順調です。

 喉の軟骨が柔らかすぎるために、息を吸い込むときに喉が狭くなることが原因です。これは1歳から2歳までには自然になおります。

 まれには喉の奇形や腫瘍になることもあり、器官が犯されていることが原因になることもありますので、ゼイゼイがひどく、呼吸が苦しかったりすれば、医師の診察を受けたほうがよいでしょう。


 ひきつけ
 赤ちゃんは手や足を震わせたり、あごを震わせたりすることがありますが、これは心配ありません。また、大きな音がするとピクンとします。急にベッドを動かしたり、お風呂に入れたとき体が動いたりすると、びっくりしたように手を広げて、抱きつくような格好をします(モロー反射)。これは生理的な反射運動です。

 しかし新生児でもひきつけを起こすことがあります。手足を発作的にかたくするとか、大きくピクピクと震わせる、ちょっと目を吊り上げて、顔色が悪くなる、とか言うのはひきつけのあらわれです。

 新生児のひきつけは、重い病気によることが多いので、すぐ医師に連絡しなければいけません。

 仮死状態で生まれた赤ちゃんが、眠ってばかりいて乳をぜんぜん吸わず、ひきつけを起こしてきたときには、頭の中に出血している恐れがあります。
 
子育てママの化粧品

 熱が出て、お乳を吐き、ひきつけが見られたら髄膜炎かもしれません。また、血液の中の糖分やカルシウムが少なくなった時もひきつけを起こしてきます。

 医師はひきつけの原因はなんであるか、急いで検査をして、適切な治療をします。

 新生児のひきつけは、大きい子供と違って熱のためのひきつけやてんかんはまずないのです。脳の重大な病気の表れと考えられますので、死亡することも多いし、脳性まひを残すことも少なくありません。


 腕や足を動かさない

 赤ちゃんが、生まれた時から片方の腕を伸ばしたまま、まったく動かさず、動かしてやっても痛がらないときは、腕が麻痺しているのです。腕を動かす神経は、首の所を通り、腕に伸びているのですが、お産のときに、首が強くねじられたり、曲げられたり、伸ばされたりすると、首のところで神経が傷つけられるため、腕が麻痺してしまいます。

 幸いなことに、腕の麻痺は治りやすく、ほとんどの赤ちゃんは1,2ヶ月のうちに完全に治ります。

 片方の腕を動かさず、痛がるときには、鎖骨や腕の骨が折れている心配があります。大腿骨が折れているときには、片方の足を痛がって動かしません。このようなときには、レントゲン検査を受けます。

 新生児の骨折は治りやすく、後で障害を残すことはまずありません。

子育てママの化粧品

 


Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved