新生児 赤ちゃん 異常

新生児期の異常
貧血・向き癖と斜頚
Top > 新生児期の異常 > 貧血・向き癖と斜頚

赤ちゃん 貧血



 貧血

 生まれたばかりの赤ちゃんが、皮膚が青白く、口の粘膜も血の気がないときには貧血しているのです。母親のお腹の中にいるとき、胎盤の小さな傷から、赤ちゃんの血が母親の方に入ってしまうことがあります。

 母親は何ともないのですが、生まれてきた赤ちゃんは貧血してまっ白です。またお産のときに、胎盤やへその緒から出血して、赤ちゃんが貧血になることもあります。
 
 赤ちゃんの頭が全体にひどく腫れ上がって、髪のはえぎわが紫色に変わっているときには、頭皮の下に大出血を起こした心配があります。このときにはひどい貧血がみられます。吸引分娩のときに時々おこります。新生児メレナのときにも、出血がひどいと貧血します。

 かるい貧血は心配ないのですが、ひどい時には、呼吸も早く浅く、手足が冷たく、ショック状態になりますので、医師は急いで輸血をしてくれます。

 未熟児として生まれた赤ちゃんは、生後1〜2ヶ月頃に貧血しやすいものです。小さかった体が急速に大きくなるので、血をつくる働きが間に合わないためです。貧血がひどいときには輸血が必要です。

 生後4〜5ヶ月になって、また貧血が出てくることがありますが、これは鉄分が足りなくなるために起こる貧血です。

 未熟児は、母親から鉄分を十分もらう前に生まれてしまったので、鉄分が足りなくなりやすいのです。鉄剤を飲ませると間もなく治ります。

 向き癖と斜頚

 向きぐせ

 生まれて間もない時期には目立ちませんが、生後1ヶ月頃から、いつも同じ方向ばかり向いている赤ちゃんが多くなってきます。真っすぐになおしたり、反対側を向かせても、すぐ元の位置に戻ってしまいます。
 
 そして、赤ちゃんの柔らかい頭は、短期間のうちに形が変わって、右ばかり向いているときには右の後頭部が平たくなって、いびつになります。

 ほとんどの赤ちゃんは、程度の違いはあっても“向き癖”があるものです。赤ちゃんの脳は、生後数ヶ月の間に急に大きくなりますが、左右同じように発達するとは限りません。

 向き癖を治して、頭をいびつになるのを予防しようとしても、これはとても難しいことなのです。
 
子育てママの化粧品

 頭のいびつは心配することはありません。向き癖は生後6ヶ月頃には自然に治ります。また、脳が大きくなるにつれて、骨の形もよくなり、誕生ごろには頭のいびつはなおります。

 斜頚

 向き癖の強い赤ちゃんの中に、斜頚の子がいることがあります。右だけを向いている時には、首の左側をそっと触ってみましょう。斜頚のときには、首の側面の下のほうに、親指ぐらいの硬いしこりがふれます。

 このしこりは、”逆児”や難産で生まれた時に起こりやすいのですが、首にある胸鎖乳突筋という筋肉に、傷がついたためにできるのです。

 生まれて2週間目ぐらいにあらわれ、1ヶ月ぐらいまでにもっと大きくなり、その後小さくなっていきます。6ヶ月頃には自然になくなるのが普通ですが、まれに筋肉が硬いすじに変わり、斜頚になるのです。

 斜頚の治療法

 首にかたいしこりがあるときは、整形外科で1ヶ月頃からマッサージをしてくれます。

 家庭では、赤ちゃんを仰向けに寝かせて、頭を両手で持ち、しこりのある側に、無理をせず、ゆっくりまわしてやります。15回ぐらい、1日3回は行ないます。もし筋肉が硬くなって、縮んでしまうようなことがあれば手術が行なわれます。

子育てママの化粧品

 


Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved