新生児 赤ちゃん 異常

新生児期の異常
黄だんが強い
Top > 新生児期の異常 > 黄だんが強い

赤ちゃん 黄だん



 母親と赤ちゃんの血液型があわない

 たいていの赤ちゃんに見られる生理的黄だんは生後2〜3日に表れて、黄だんの程度もそんなに強くなく、皮膚がオレンジ色に色づくくらいで、1週間か10日までには消えます。

 しかし生まれたその日にもう黄だんが表れて、それが急に強くなり、皮膚が真っ黄色になったら、これは心配な黄だんです。

 というのは、黄だんがある程度以上強くなると、血液の中の黄色い色素が脳の中に入り込んで、神経が壊されてしまい、あとで脳性まひになってしまうことがあるからです。

 こういう重い黄だんは、母親と赤ちゃんの血液型が合わない時に起こることが知られています。

 Rh型血液不適合

 血液型はA型、B型、AB型、O型に分けられますが、これとは別にRh血液型というものがあります。Rh血液型には(+)の型と(−)の型があるのです。

 母親がRh(−)で、父親がRh(+)のときは、お腹の赤ちゃんはたいていRh(+)になります。すなわち、Rh(−)の母親がお腹の中にRh(+)の赤ちゃんをもっていることになるのです。

 でも、始めての妊娠の時には、赤ちゃんに何の異常も起こらず、生まれてからも黄だんは普通です。

 しかし、第1回のお産のとき、胎盤がはがれる時に赤ちゃんのRh(+)の血液が母親の体の中に入り込みますので、母親の体の中では、合わない血液細胞を壊そうとする働きが起こって、Rh抗体が胎盤を通って赤ちゃんの方に入り込み、赤ちゃんの赤血球が壊されて、生まれてから黄だんが強く起こってくるのです。
 
 Rh血液型が合わなくとも、初めての子供には異常がなく、2回、3回と妊娠を繰り返すうちに、赤ちゃんにひどい黄だんが起こってくるわけですから、始めての妊娠のときに人工流産をすることは避けなければなりません。

 また、RH(−)の女性がRH(+)の血液の輸血を受けますと、そのときに抗体ができてしまいますから、初めての赤ちゃんでも異常が起こることがあります。

 したがって、Rh(−)の女性は、結婚前に輸血を受けなければいけない時には、Rh(+)の血液をもらうことは避けた方がよいのです。この意味でも、すべての女性はRh血液型が(+)か(−)か調べてもらっておくことが望ましいと思います。

 さてRh血液型が(−)の人は日本人では少なく、200人に1人ぐらいしかいません。Rh(−)の女性はほとんどがRH(+)の男性と結婚することになります。第1番目の子供は安全ですし、2番目以後の子供でも、わずかの赤ちゃんが病気になるだけですから、日本人ではRh血液型が合わないための重い黄だんはそう多くはありません。

 しかしRh(−)の女性が妊娠したときには、産科医とよく相談して十分な対策を立てておかなければなりません。病院ではお産が近づくと母親の血液を調べて、抗体が高いときには、予定日を待たずに早くお産をさせることもあります。抗体がそう高くないときには自然出産を待ちます。
 
子育てママの化粧品

 ABO型血液不適合

 またA型、B型、AB型、O型という、ふつうの血液型が合わないときにも赤ちゃんの黄だんが強くなることがあります。これは母親がO型で赤ちゃんがA型かB型のときなのです。

 このような時には、初めての赤ちゃんでも強い黄だんが表れることがあります。でもRh血液型が合わないときと比べると、病気としては軽いのです。

 ABO式血液型が合わないことは、4組に1組くらいの夫婦にみられます。しかし、このときでも生まれた赤ちゃんのごく一部が重い黄だんにかかるだけですから、たんに血液型が合わないというだけで心配することはありません。

 未熟児に多い黄だん

 また血液型の不適合がなくとも黄だんが強くなることがあります。これは肝臓の働きがとくに弱いために、血液の中に黄色い色素がたくさん溜まっているのが原因です。これは未熟児に起こりやすいのです。

 この時も黄だんがある程度以上に強くなると、脳が侵される恐れがあります。未熟児施設では、毎日黄だんの検査をして、十分な注意が払われています。

 黄だんが強くなったら

 家庭で育てているときには、黄だんが強くなったら急いで医者の診察を受ける必要があります。黄だんが非常に強くなったときの手当ては、脳が壊されることを防ぐことがまず第一です。

 そのためには交換輸血が行なわれます。黄だんが非常に強いのに手当てをしないでおくと、赤ちゃんはぐったりして、元気がなく、お乳を飲まなくなり、そのうちに手足をかたく突っ張ってきて、うつろな目をして、けいれんを起こしたり、熱を出したりします。

 そのまま死亡してしまうこともあり、たとえ、生命はとりとめても、後で脳性まひや知恵遅れになったりすることがあります。

 こういうことを防ぐために交換輸血が行なわれるのです。黄だんが強いときには、医者は赤ちゃんの状態や、血液の詳しい検査の結果を総合的に判断して、交換輸血をしなければならないかどうか決定します。

 黄だんが長引く

 ふつう1週間から10日のうちのは消える黄だんが、半月たっても消えず、1ヶ月経ってもまだ残っていることがあります。でも赤ちゃんはお乳をよく飲み、体重の増え方もよく、普通の黄色い便を出して元気がよければ何の心配もいりません。

 ことに母乳で育てている赤ちゃんは、時々黄だんが長引くことがあります。これは母乳の中に黄だんを長引かせるホルモンがあるためです。そのうち黄だんがだんだん薄くなって、1ヶ月から2ヶ月目くらいの間には自然に消えますから、心配することなく母乳を続けて下さい。

 黄だんがだんだん強くなっていって、体重の増え方が悪かったり、便の色が白っぽいようなことがあったら肝臓の病気があるかもしれません。いずれにしても長引くようなら、医師の診察を受ける必要があります。
 
子育てママの化粧品


Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved