新生児の栄養 母乳

新生児の栄養;母乳
Top > 育児−2 > 新生児の栄養

赤ちゃん 母乳


● 新生児の栄養
● 授乳の前と後の注意
● 人工栄養

 赤ちゃんは生まれてくるとお乳を吸い、飲み込み、消化吸収して栄養をとらねければなりません。未熟児でなければ、その力はじゅうぶんにあるのです。

 しかし、哺乳に関してはまったく大人まかせです。赤ちゃんがすこやかに、正常の発育をとげるためには、母親は正しい栄養法を知ることが必要です。

 新生児の栄養法はなにも特別難しいことはありません。まず何よりも気を楽に持つことが大切です。

 赤ちゃんは母乳栄養でも人工栄養でも、正しい栄養法を行なえば丈夫に育ちます。しかし、赤ちゃんには母乳が一番いいことはいうまでもありません。母乳栄養で育てることができるかどうかは新生児期に決まるのです。

 <母乳栄養>

 始める時期

 たいていの赤ちゃんは、生まれてしばらくの間は疲れており、静かに眠っています。母親も疲れているし、母乳もまだ出ません。母子ともに出産の疲れが取れてからお乳を与え始めます。

 その時期には個人差がありますので、いちがいに生後なん時間と決めるわけにはいきませんが、およそ、生後12時間ぐらいたてば与え始めることができます。

 その前に赤ちゃんが喉が渇いて泣くことがあれば、湯ざましか砂糖湯を、哺乳びんから飲むだけ飲ませておけば十分です。

 始めての授乳

 生まれて第1回の授乳のときには、赤ちゃんはなかなか乳首に吸いつきません。吸いついても、実際にお乳を飲む時間は短く、1分ぐらいで吸うのをやめる赤ちゃんが多いのです。

 他の赤ちゃんが上手に吸っているのを見て、焦ることはありません。生まれて間もない時はそうたくさんのお乳を飲む必要はないのです。

 ときには、始めから上手に吸う赤ちゃんがいます。しかし、お乳があまり出ないのに長く吸わせていると、乳首が痛くなり、傷ができたりして、母乳栄養を続ける事ができなくなることがありますから、授乳第1日目は両方のお乳を1分ぐらいずつ吸わせるのがいいでしょう。

 生まれておよそ12時間後から、5〜6時間おきに、3回ぐらい与えれば十分です。

 与え方

 母親も赤ちゃんも一番楽な姿勢で飲ませればよいのです。赤ちゃんを抱いて飲ませるのが一番自然でしょう。ひざの上に枕か座布団をおいて、赤ちゃんを抱いている腕をその上に乗せると楽です。
 
子育てママの化粧品

 お産のあと痛みがある間は、寝たまま飲ませても差し支えありません。でも起きられるようになったら座って飲ませるようにします。

 人差し指と中指で乳房をひろく握って、乳首だけでなく、そのまわりの黒い乳輪まで、赤ちゃんの口にいっぱいに含ませます。授乳中は乳房で鼻がふさがれないように二本の指で、乳房を軽くはさんでおきます。

 赤ちゃんがお乳を吸うのは、大きい子供のように唇だけを使っているのではありません。舌と上あごの間に乳首をはさみ、舌で乳首をしごくと同時に、唇とほほを使って口の中を陰圧にしてお乳を吸いだすのです。

 お乳を飲み終わった赤ちゃんを乳首から離すときには、急に引っ張ると乳首が痛んだり、傷がつくことがあります。ほほを軽くついて、赤ちゃんが口を開いたときに静かに離します。

 


Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved