子育て応援事典 禁止は明確に

Top > 子どもの反抗 > 禁止は明確に

子どもの反抗 第一反抗期

禁止は明確に

製薬会社が作ったパーフェクトワントライアルセット 1,080円でぷるるん

 いくらこどもの意欲を認めるとはいっても、なにをさせてもいいというものではありません。

● ”してはいけない”ことを知るのも反抗期の意義


 危険なことはもちろん、おとなの社会のルールでは許されないことを許すわけにはいきません。”いくらしたくともしてはならないこと”については、はっきり「いけません」というべきです。子どもに理解できることは、その理由も話して納得させます。

 ”したいけれどもしてはいけません” ”我慢しなくてはいけない”気持ちをやしないことも、反抗期の一つの大きな意義でもあるのです。

● いつものしつけのペースを崩さない
かわいいわが子の
無限の可能性のカギ
お母さんが持っているのです!!

無料体験だけはやっておくべきですよ


 子どもが反抗しだしたからといって、特別なしつけの方法が必要になるわけではありません。その過程で親が平素から行なっている日常生活上の基本的なしつけを続ければよいのです。

 子どもが毎日しなくてはいけないこと、遊びのあとかたづけ、手洗い、歯磨きなど、反抗しているいないに関係なく、きちんとやらせましょう。

● 親のほうからご機嫌をとらない

 「K君、もういい加減にして、ご飯を食べてちょうだいよ」などと、親のほうからご機嫌をとって”してもらう”ような態度をとろうものなら、子どもは味をしめるばかりです。親が下手に出るまで、反抗の火を消さなくなるものです。
 
 なぜ反抗するのか
 反抗をどう導くか
 禁止は明確に
 子どもが大荒れのとき
 親子関係を大切に
 反抗しない子
どんな時にでもキレイを忘れないお母さんの化粧品
マキアレイベルの新商品キャンペーン
これはオススメ!! ハーフ1,980円〜


最適な育脳が
お子さまの未来を決めます


完全母乳を応援!
【ノンカフェインタンポポ茶】


NHK教育「えいごであそぼ」の
幼児英語教材


家庭教師のノーバス

楽天家電約198万品目で
ランキング第1位!「ケノン」







 
 親の責任は子どもを”大過なく守る”ということではなくそのエネルギーを”最大限に発揮させる“ということであろうと思います。ここでは妊娠中から就学前まで子どもの発育のなりゆきを扱っています。この時期の子育てを終えてだいぶ経ちますが、むかしの子育てが現代の子育てに役立てばと思い、むかしの経験のまま記しています。参考になるものがありましたら応用して実践してみてください。

 



Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved