友だちと子供 社会性

友だちと子供の社会性;社会性の発達
Top > 友だちと子供の社会性 > 社会性の発達

友だちと子供 母親



 社会性は、どのように発達していくのでしょうか。子供の年齢との関係を見てみましょう。初期の発達のだいたいの姿を、表にしてみました。

● 母親と他人との区別から始まり、発達に節(ふし)がある

月齢 社会性の発達
1ヶ月 人の話し声にたいして、他の音と違った注意を払っている様子がうかがえる。
2 大人が側にいると喜ぶ。
母親が抱くと背中を丸め、抱きやすい姿勢を自然にとる。
表情が豊かになる。
4 母親の声を聞き分ける。
6 母親を目で見分ける。話しかけると笑う。
「イナイ、イナイ、バー」をすると喜ぶ。
人見知りが表れる。
7 同年齢の子供には、特別の関心を示さない。笑いかける事はあっても、おもちゃと同じように扱う。
9 「はいはい」をして自分の行きたい所へ行けるようになる。
10 母親に積極的に抱きつこうとする。
11 同年齢の子供に多少関心をしめし、近づこうとする。
16 同年齢の子供に、個人としての関心を示す。おもちゃの取り合いなどを始める。
24 同年齢の子供と、一緒に遊ぼうとする。

 この表を見てもお分かりのように、子供の社会性の発達は、母親を他人と区別するところから始まります。母親はそれ以外の人とは違うことを知り、母親との間に、依存、愛着の関係を作り上げます。

 ついで、母親以外の家族との間に友好的な関係ができ、最後に、家族以外の人たちとの関係が作れるようになります。母子関係が、子供の社会性の発達の基礎になっている事がよく分かります。子供の発達には、発達の“節”ともいえる重要な時期があるようです。

 第一の節
 生後2ヶ月です。この時期には、自分から外界へ働きかける事の出来ない受け身の時期です。おもちゃなどをながめているだけで、手は出しません。

 この時期には、見たり聞いたりする刺激をたくさん与えることが必要です。それが次にくる外界への積極的な働きの基礎となります。
 
子育てママの化粧品

 第二の節
 生後6ヶ月です。寝返りができるようになり、運動を活発にします。おもちゃに手を伸ばしたり、外界に積極的に働きかけようとします。他人への興味も大きくなります。

 第三の節
 生後9ヶ月です。「はいはい」ができるようになります。これは、行動範囲が急激に広くなったことを意味します。特に、自分の行きたい所へ移動できることが重要です。

 自分の意図、意志による行動が、家族の誰の目にも分かるようになります。自分の意志通りいかないと、怒るようにもなります。

 このように、いくつかの重要な時期を経過しながら成長していくわけですが、乳幼児期の発達は、例えば、社会性のある一面だけが、発達するということはないのです。

 心と体のいろいろな面がからみあって発達します。運動機能の発達が社会性の発達を促し、その結果、さらに運動機能が発達するといったものです。

 発達のしかたは個人によって違う

 一言付け加えておきますが、文中や表に何歳なんヶ月になるとこんな事が出来るようになる、と書きましたが、これはあくまで一つの目安です。発達のしかたは、個人によって非常に違いがあります。いろいろ違った個人を平均したものを、目安として使っています。
 
 9ヶ月になると「はいはい」ができると書いてあります。それを読んで「うちの子は10ヶ月になるのに、まだはいはいも出来ない、発育が遅れているのかしら」と心配なさる方もいると思いますが、9ヶ月というのは、だいたい半数の者がはいはいできる時期を表しています。ですから、気になさることはないのです。

 子供は、一人ずつ独特な発達のしかたをします。平均より2,3ヶ月遅れていても、心配することはありません。誰でも80年くらいは生きます。80年の人生で、2,3ヶ月早く「はいはい」が出来ても出来なくても、たいした問題ではないのです。

子育てママの化粧品

 


Copyright (C)  子育て応援事典 All Rights Reserved